東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

<新型コロナ>新たに感染者 県内9人確認 米軍横須賀でも2人

 県内で二十九日、横浜市や横須賀市などで新たに計九人の新型コロナウイルス感染が確認された。

 横浜市は三人。横浜税関職員の五十代女性は軽症。すでに公表された別の感染者と二十日に会食したという六十代男性は軽症、感染経路が不明の四十代男性は軽症〜中等症。

 茅ケ崎市保健所が発表した三十代男性はふだん都内で生活し飲食店に勤務。二十二日に微熱などの症状が出て、二十六日に自家用車で自宅に戻った。軽症。

 厚木保健福祉事務所管内の五十代女性はヨーロッパからの帰国者と会食した。同管内の四十代女性は二十八日にブラジルからドイツ経由で帰国。鎌倉保健福祉事務所管内の二十代男性は感染者の濃厚接触者。三人とも軽症か無症状。

 横須賀市では、市内の衣笠病院でリハビリを担当する理学療法士の三十代男性と、同居の六十代母親の感染が判明。感染経路は不明。

 また同市は二十八日、米海軍横須賀基地に所属する兵士二人の感染も発表。在日米軍施設「池子住宅地区」(横浜市金沢区、逗子市)に居住している。同基地の兵士の感染確認は五人となった。 (吉岡潤、村松権主麿、石原真樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報