東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 暮らし一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【暮らし】

<家族のこと話そう>祖父「蔦監督」の名言 映画監督・蔦哲一朗さん

写真

 祖父は徳島県の山あいにある県立池田高校(三好市、当時は池田町)で野球部監督を一九五二年から四十年間務めた蔦文也(一九二三〜二〇〇一)です。春夏合わせて甲子園で優勝三回、準優勝二回。「攻めダルマ」と呼ばれ、全国に名をとどろかせました。部員十一人ながら準優勝を果たした一九七四年の春の甲子園は「さわやかイレブン」と旋風を巻き起こしています。

 私も池田高の出身ですが、小中高とサッカーをしていたので、祖父から野球の指導を受けたことはありません。私がよく知っている祖父は、監督を引退した後の好々爺(や)然とした姿です。孫の私をかわいがり、プラモデルをよく買ってくれました。

 私は映像の道に進み、故郷を舞台にした映画を撮りました。撮影中、「じいちゃんのは撮らないのか」とよく言われ、「撮ってみよう」と決めました。地元と大阪のテレビ局に残っていた試合や練習の映像に、祖母や元野球部員ら関係者のインタビューを加えるなどして「蔦監督−高校野球を変えた男の真実−」を二〇一一年から四年かけて製作しました。その過程であらためて偉大さを実感しました。

 祖父は県立商業学校(現徳島商業高)で一九四〇年夏など三回甲子園に出ました。同志社大に進みましたが、戦争で学徒出陣。特攻機「白菊」で出撃するべく訓練に明け暮れていたら終戦に。大学卒業後、プロ野球に入ったものの、在籍は一年だけに終わりました。故郷に帰り池田高の社会科教師になり、野球部監督にも就きました。

 祖父は大酒飲みでした。伝え聞くところでは、毎晩ビール大瓶を四十〜五十本飲んでから日本酒、ウイスキーを飲み始めたそうです。飲食店で飲んだくれていた祖父を、祖母が捜し回り、連れて帰っていました。連れ戻す際の二人のバトルは地元のちょっとした名物でしたが、いつも祖母が勝っていたようです。

 祖父は深酒をしても、翌日の朝練習は生徒より早くグラウンド整備に出ていました。教え方は厳しかった。授業も酒臭いまま教壇に立っていたということです。

 祖父は多数の名言を残していますが、私はやっぱり「山あいの町の子供たちに一度でいいから大海を見せてやりたかったんじゃ」が一番好きです。大海は甲子園のことですが、私も広い世界を見たくて映像の世界に進んだと思います。

 二年前に祖父の映画を横浜市で上映した際には、教え子である元南海、横浜の畠山準さん、元巨人の水野雄仁さんらが駆けつけ、トークショーを行っていただきました。とてもうれしかったし、祖父も喜んでいると思います。

 聞き手・草間俊介/写真・岩本旭人

<つた・てついちろう> 1984年6月、徳島県池田町(現三好市)生まれ。東京工芸大芸術学部映像学科卒。映画監督、一般社団法人「ニコニコフィルム」代表。2009年短編映画「夢の島」を発表。「祖谷(いや)物語 おくのひと」で13年の東京国際映画祭「アジアの未来」部門のスペシャル・メンションを受賞。「蔦監督…」についてはニコニコフィルムのHPで。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報