東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 暮らし一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【暮らし】

新緑の季節 親子でキャンプ 好奇心育み、やり抜く力養う

大自然の中でテントを張り、キャンプを楽しむ親子連れ=静岡県川根本町の八木キャンプ場で(寄金佳一さん提供)

写真

 自然の中にテントを張って過ごすキャンプ。自分たちでおこした火を使って料理をしたり、寝袋にくるまって寝たりといった非日常を親子で味わうのは特別な時間だ。新緑のまぶしいこれからの季節、家族で出掛けてみよう。 (河野紀子)

 「子どもたちは森の中を走り回り、見たこともないほどはしゃいでいた」。横浜市の女性(44)は、家族四人で初めてキャンプをした三年前を弾んだ声で振り返る。当時、二人の子どもは五歳と二歳。スイッチ一つで電気がつき、蛇口をひねれば水も出る。そうした便利な生活に慣れた子どもたちが、災害などライフラインが断絶したときに命を守れるようにと思い立ったのが、キャンプだった。

 参加したのは、初心者向けの二泊三日のキャンプ教室だ。それまでアウトドアの遊びといえば海に行く程度。自宅のこんろはIHのため、子どもたちは炎を見るのも初めて。ゆらゆら揺れるたき火を興味深そうに眺めていたという。

 初日は雨だったが、子どもたちはテントにたまった水を落としたり、どろんこ遊びをしたりとうれしそう。共働きで普段は忙しい女性も夫も「風に揺れる木をただ眺めるだけの時間を過ごし、リフレッシュできた」と話す。今は年一回のキャンプが家族の楽しみだ。

 わざわざ不便な場所へ行き、不自由な時間を過ごすのがキャンプの醍醐味(だいごみ)。「自然が相手なだけに、突然の雨降りなど思い通りにいかないこともある。完璧を求めず、何事も楽しむ気持ちが大切」。情報サイト「親子キャンプ.com」の編集長で、二〇一七年から初心者向けの親子キャンプ教室を主宰する寄金(よりかね)佳一さん(39)=横浜市=は言う。

 寄金さんによると、最低限必要な装備は、寝袋と地面に敷くエアベッド、レインウエア、懐中電灯、アウトドア用の食器。レインウエアは雨に備えて防水、かつ汗を逃がしてくれるものがお薦めだ。多くの人が悩むテントは、最近はほとんどのキャンプ場でレンタルが可能。家族用だと、大きさや性能によって数万〜数十万円する上に、使用後は十分に乾かすといったメンテナンスも必要だ。まずは、借りて使い勝手を試した上で、家族に合ったものを探すのが現実的という。

 火は、昔ながらの火おこしをしなくても、空気の通り道を考えながら薪を組み着火剤を使ってつければ十分。料理には携帯用のガスこんろを使ってもいい。三食全てを手作りすると大変なので、レトルト食品をうまく使おう。無理しすぎないのがポイントだ。

 大事なのは自然の中で思うように過ごすこと。「危ないからと何でも禁じるのではなく、親が見守りながらいろいろ挑戦させて」と寄金さん。寄金さんの教室では保育士の資格があるスタッフやベビーシッターが同行、子どもが自由に遊べるようサポートしている。

 脳科学に詳しい東北大加齢医学研究所の滝靖之教授(48)によると、脳の発達に必要なのは好奇心、運動、人とのコミュニケーションの三つ。「キャンプはその全てを備えている。自分で課題を見つけて、解決法を考え、やり抜く力も養える」と魅力を話す。周りの人や物に興味が芽生える二歳ごろからが、連れていくには効果的という。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報