東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 暮らし一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【暮らし】

「世界」広げる、マイ辞書作り  標準的意味調べ、自分なりの例文

机に身を乗り出して説明に聞き入る子どもたち

写真

 はじめに言葉ありき−。聖書にこう記されているように、言葉はものを生む力だ。先人の知識を引き継ぎ、新しい価値をつくり出すときには、必ず言葉が介在する。言い換えれば、言葉の意味を正しく身に付けて初めて、新たな意味や価値を生み出せるということだ。岐阜県各務原(かかみがはら)市に、ユニークな塾があると聞き、訪ねてみた。 (三浦耕喜)

 この日、塾にいた小学五、六年の女の子四人。授業の中盤、歓声が響いた。いろいろな出版社が出している辞書を引きながら、「恋」の意味を調べていた時のことだ。

 「辞書には『相手を好きだと思う、特別な気持ち』って書いてあるよ。えー、こんな気持ちになったことがあるの?」

 「チャレンジ小学国語辞典」(ベネッセ)を見ていた女の子が声を上げた。話し掛けられた別の女の子は「あるよ」と即答。「でも」とその子が見せたのは「新明解国語辞典」(三省堂)の「恋」の説明だ。「『心が高揚する一方、破局を恐れての不安と焦躁に駆られる心的状態』と書いてる。でも、これは私の気持ちとは違うよ」

調べた言葉に付箋を貼って、いつの間にか花束のようになりました=いずれも岐阜県各務原市で

写真

 しばらく「恋バナ」に花が咲いたが、先生の高田浩史さん(46)が割って入った。「同じ言葉でも、辞書によって説明が違うって気付いたかな?」。高田さんは続ける。「言葉の意味は『一つだけ』と思いがち。でも、辞書は人間が作るものである以上、作る人の経験や考え方で言葉の説明も変わってくるんだ」

 「恋」のほかにも、さまざまな言葉を、いろいろな辞書で、時間をかけて調べてきた子どもたち。引いた言葉が載ったページに付箋を貼るので、辞書は花束のように広がっている。高田さんの説明をすぐに理解できるほど、彼らの辞典リテラシー(読解力)は高まっているようだ。

 塾に通う子どもは、自分で言葉を二十余り選び、自分だけの「マイ国語辞典」を編むのが決まりだ。それには、最初に各社の辞典を読み込み、標準的な意味を押さえることが大事。その上で「自分ならこう編む」と考えを掘り下げるのだ。

 昨年、辞書作りに取り組んだ子どもたちが残したマイ国語辞典。例えば、「凡人」の項目を見ると−。一般的な辞書では「これといった特徴のない人」などと説明するが、この編者は、こうした決めつけるような表現に違和感があったようだ。意味を「普通の人」とした上で、例文には「凡人でも必ず良いところはある」と記した。編者の優しいまなざしが垣間見えるだけでなく、自分なりに「凡人」という言葉をそしゃくしたことが分かる。

 近年、教育現場では子どもの読解力のなさが問題になっている。二〇一七年、国立情報学研究所の研究チームが明らかにした調査結果によると、主語や述語の関係といった「係り受け」などが分からない中高生が多くいるとみられる。国語力の向上は他の教科を学ぶ上でも重要だ。小学五年の疋田優芽(ひきたゆめ)さん(10)は苦手な算数が好きになったそう。算数で使う数字や記号も、答えを導く意味のある「言葉」として読めるようになったからだ。「今は算数が国語のように思える」

 辞書作りのプロ、三省堂辞書出版部の山本康一部長は「世界は全て言葉でできている」と説明。「当たり前に使っている言葉も、多面的な意味があることが分かれば、言葉の深みが味わえる」と言う。

 大人になって社会生活を送る上でも、言葉の力は必要だ。「いろいろな表現や言葉を身に付ければ、気持ちをより適切に、洗練された形で表現できる」と高田さん。「コミュニケーションも円滑になって楽しい」と、たくさん辞書を引くことを呼び掛けている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報