東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 暮らし一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【暮らし】

<どうなる?消費増税>酒類除く食品8% 飲食店で食事10%

写真

 十月一日から予定される消費税増税。食品などは軽減税率の対象となって現行の8%に据え置かれるが、商品や食べる場所によって対象になったりならなかったりと、線引きはややこしく、消費者にとって分かりにくい。増税を前に、基本的な考え方や紛らわしいケースを押さえたい。(河郷丈史、吉田瑠里)

◆飲料水とお風呂の水

写真

 水道水は、お茶や料理に使う「食品」としての水と、風呂や洗濯など生活用水としての水が一緒に供給されているため、軽減税率の対象外。ミネラルウオーターは「食品」として売られており8%。水道水でも、ペットボトルに入れて「食品」として販売すれば、8%となる。

◆映画館のポップコーン

写真

 カラオケボックスで客がメニューを見て注文する食事は「役務の提供」になり10%。映画館の売店で買った食品は食べる場所が特定されておらずテークアウト扱いで、軽減税率の対象に。ただ、売店のそばにテーブルなどを置き食べさせていれば、「役務の提供」となり10%。

◆酒類に分類されるみりん

写真

 みりんは酒税法に規定される「酒類」にあたるため、軽減対象にならずに10%の税率が適用。ただ、アルコール分が1度未満の「みりん風調味料」は酒類の定義から外れており、軽減税率の対象となる。同じ調味料コーナーに並んでいるが、税率の境界線がある。

◆お菓子より高価な食玩

写真

 商品で税率が分かれる「一体資産」の例が、おもちゃ付きの菓子。価格が1万円以下で、菓子の原価や売価の割合が3分の2以上であれば8%。ちょっとしたおまけが付く程度なら対象になりそうだが、菓子より高価なおもちゃが付くものは、食品とは見なされず、10%となる。

◇軽減税率の導入Q&A

 Q 軽減税率という言葉をニュースでよく聞くけど、どんな制度なの?

 A 消費税が上がると、家計の負担が大きくなります。低所得者の負担を減らそうと、食品と新聞を対象に導入されるのが軽減税率。税率が下がるわけではなく、現在の8%に据え置かれます。

 Q 食品は全て8%?

 A 例外があります。一つがお酒。アルコール分が一度以上あり、酒税法で「酒類」と定義されているものは対象から外れます。アルコール分が一度未満のノンアルコールビールや甘酒は「酒類」に含まれないので8%。一方、みりんや料理酒など、調味料にも「酒類」に当たるものがあります。

 また、飲食に使っていても、食品として提供されていなければ、軽減税率の対象にはなりません。例えば、飲用水は、ペットボトルのミネラルウオーターなら8%ですが、水道から出てくる水は10%。水道水は風呂や洗濯、トイレなどの生活用水にも使われ、飲食用に限定できないからです。

 重曹は料理にも掃除にも使いますが、料理用に販売されているなら8%、掃除用なら10%。判断のポイントは食品として売られているかどうか、です。

 Q 飲食店で食べるものは?

 A 対象外です。テーブルやいすを備え、客に飲食させるという「役務(サービス)の提供」に当たる、との考え方に基づいています。

 Q 飲食店で販売されている食品を買う場合は?

 A 対象です。つまり、テークアウト(持ち帰り)なら対象ですが、店内でのイートインは対象外。ハンバーガー店や牛丼店、一部のコンビニエンスストアなどテークアウトかイートインかを選べる店では、どこで食べるかで税率が変わります。店側が販売する際に、客にどちらにするかを尋ねるなどして決まります。

 Q イチゴ狩りで食べるイチゴは?

 A 入場料は、収穫作業を楽しませ、その場で食べさせるという「役務の提供」になり、対象ではありません。ただ、客が収穫した果物を、入場料とは別の料金設定で販売する場合は、8%です。

 Q おもちゃやシールなどのおまけ付きの菓子などは食品になるのかな?

 A おもちゃ付きの菓子や、マグカップと紅茶のセットなど、食品とそれ以外のものが一緒に販売されているものは「一体資産」と呼ばれ、条件を満たせば対象になります。具体的には、税別価格が一万円以下で、原価や売価で食品が占める割合が三分の二以上であること。食品より高価なおまけが付いてくるケースは、対象から外れます。

 Q お店などの価格表示はどうなるの?

 A 現在と同じ税込み価格表示が原則ですが、二〇二一年三月まで特例で税抜き価格でも可能です。ただし、税別であることを示す必要があり、軽減、標準の両方の税率がある商品は、その旨を注意喚起することが望ましいとされます。どちらの税率なのかを店頭表示する義務はありません。

 Q どちらの税率が適用されたか、後で確認することはできるの?

 A レシートに商品ごとの税率が打ち出されるレジもありますが、こちらも義務ではなく、店によります。

軽減税率対象商品が分かるように印を付けたレシートの例=名古屋市で

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報