東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 暮らし一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【暮らし】

片栗粉でタピオカ 簡単に作れて、もちもち感は本物そっくり

 もちもちとした小さな粒をミルクティーなどに入れたタピオカドリンク。かわいい見た目と独特の食感で空前のブームを引き起こしている。家庭にある片栗粉で粒を作れば、本物と比べても遜色ないドリンクが作れる。夏休みに親子で一緒に作ってみてはどうだろう。 (河郷丈史)

 タピオカドリンクに入っている黒い粒は、南米原産のイモの一種、キャッサバのでんぷんが原料だ。今回使う片栗粉はジャガイモのでんぷんからできている。食の手作り教室「カントリーキッチン」(名古屋市緑区)主宰の寺島正美さん(53)は「タピオカのもちもち感が再現できて、見た目もそっくりです」と話す。

 寺島さんの粒のレシピはとても簡単。基本は黒糖、水、片栗粉をまぜ合わせ、丸めて煮るだけ。製菓材料コーナーなどで手に入るブラックココアの粉を加えると、色が黒くなってブラックタピオカのようになるし、さまざまな色の食紅を使えば見た目もカラフルに。細かく切った生地を粒状に丸めるのはちょっと大変だが、泥団子を作って遊ぶような感覚で挑戦させよう。

 粒をゆでて火を通し、シロップで煮込んで甘みを染みこませたら、好きな飲み物に入れて出来上がり。タピオカよりもやや弾力が強く、食べ応えがある感じ。ほんのりとした甘さが口に広がる。「時間がたつと硬くなるので、早めにおいしく味わいましょう」

◆片栗粉のブラックタピオカ

【材料(約100粒分)】

 粒(水30ミリリットル、黒糖大さじ1、片栗粉60グラム、ブラックココアの粉小さじ1)、黒糖シロップ(黒糖大さじ3、水200ミリリットル)

写真

【作り方】

<1>耐熱ボウルに水と黒糖、ブラックココアを入れ、電子レンジ(600W)で30秒加熱

<2>黒糖が溶けたら、少しずつ片栗粉を加えてこねる

<3>10等分してそれぞれ長さ10センチに延ばし、1センチずつ10粒に切り分けて指先を使ってまとめる=写真

<4>鍋に水(分量外)を入れて火にかける。沸騰したら(3)を入れ、中火で45分ほどゆでる。水が少なくなったら差し水をする

<5>冷水にとってぬめりをとり、ザルで水気を切る

<6>鍋にシロップの材料を入れて火にかけ、(5)を入れて15分煮る。

【材料(2人分)】

 紅茶葉10グラム、牛乳500ミリリットル、シロップ(水と砂糖を1:1の割合でまぜる)

◆ミルクティー

写真

【作り方】

<1>鍋に牛乳と紅茶葉を入れて火にかける

<2>沸騰したら火を止めてふたをし、10分蒸らす

<3>氷を入れた水に鍋を浮かべるなど十分冷えたら、シロップを入れて好みの甘さにする。

◆誤嚥に注意 飲む時ゆっくり

 太いストローで、中身を吸い上げるタピオカドリンク。愛知県豊明市の藤田医科大医学部リハビリテーション科の加賀谷斉(ひとし)教授(56)によると、サラサラの水分と固形の粒が同時に口に入ってくるため、特に高齢者は誤嚥(ごえん)に気を付けたい。「咀嚼(そしゃく)している間に、水分だけがのどに流れ込むことでむせやすくなる」と説明する。子どもでも、ゆっくり、少しずつ飲むことが大切だ。また、小さい子は、口に入れたストローをむやみに動かして口の中を傷つけることがないよう注意しよう。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報