東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 暮らし一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【暮らし】

9月1日防災の日 職場でも自分で備えを

机の下に置く避難用品セット(手前)など、職場向けの防災アイテムを紹介する中瀬古さん=名古屋市中村区の名鉄百貨店メンズ館で

写真

 いつ起きてもおかしくないといわれる南海トラフや首都直下などの大地震。社会人が一日の多くの時間を過ごす職場や、通勤中に被災する恐れもある。ただ、社員向けの備蓄などをしている会社はまだ少ない。九月一日の「防災の日」を前に、職場でも一人一人が自らの身を守れるように備えたい。 (平井一敏)

 職場の机の下に置く避難用品セット、滑りにくく長時間歩きやすいビジネスシューズやパンプス、モバイルバッテリーを搭載したキャリーケース−。

 名古屋市中村区の名鉄百貨店で九月三日まで開かれている「防災フェア」。毎年恒例の非常食に加え、今回初めて職場向けの防災アイテム約四十種を集めた。

 企画した紳士営業部の中瀬古真嗣さん(35)は二〇一一年三月、当時勤めていた東京の別会社で東日本大震災に遭った。鉄道は運行を停止。余震も続く中、中瀬古さんは「歩いて帰るのは危険」と、鉄道が再開するまで九時間ほど職場にとどまった。だが、職場に備蓄の食料はなく「自分の命は自分で守るしかない」と痛感。「職場が一時的な避難所となることを意識した備えが必要」と力を込める。

 平日の日中に起きた大震災。首都圏では中瀬古さんのような帰宅困難者が推定五百十五万人に上った。南海トラフ巨大地震が発生した場合、愛知県では最大九十三万人の帰宅困難者が出ると予測されている。

 国は対策のガイドラインで、大地震で交通機関が止まった場合は従業員を社内に待機させるよう会社に求め、三日分以上の水や食料などを備蓄するよう促している。しかし、帝国データバンクが五月に全国の九千五百社に尋ねたところ、防災備蓄を含む事業継続計画(BCP)を定めているのは、わずか15%だった。

 元小中学校教員で、防災教育に詳しい近藤ひろ子さん(68)=愛知県東浦町=は「会社に備蓄があっても、すぐに配られないこともある。自分の席に最低限必要な物を用意して」と呼び掛ける。通勤中や外回り先での被災に備え、かばんや車に、食料などを常備することも推奨。「あめ一、二粒だけでもエネルギーになる」

 オフィス家具メーカーの内田洋行(東京都中央区)は東日本大震災後、机の下に置く防災備蓄ボックス「そなえさん」を開発。耐久性のあるスチール製で、最大三日分の水や食料などを収納できる。震災で帰宅困難者となった有志の女性社員二十人が考案した。

 リーダー役だった大島利佳さん(56)は「アレルギーや常備薬、コンタクトなど、個別の事情に合わせて準備することが大事」と強調。大島さんは好物の菓子のほか、乾燥米飯も入れ、普段から食べて買い足している。「食べ慣れた味は日常を取り戻せる。一人一人が備えることで職場全体の防災力も高まる」と話す。

◆職場に置いておきたい物

 非常食(栄養補給ビスケット、ゼリー飲料など)▽飲料水(500ミリリットルペットボトル2本以上)▽懐中電灯▽携帯トイレ▽軍手3組▽ヘルメット・防災ずきん▽マスク5枚▽除菌ウエットティッシュ▽携帯ラジオ▽ビニール袋(大小各5枚)▽着替え▽雨具・ポンチョ▽タオル3枚▽モバイルバッテリー▽携帯電話充電器 ※近藤ひろ子さん推奨

水やお菓子など、机下の備蓄品を紹介する大島さん=東京都中央区の内田洋行で

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報