東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 暮らし一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【暮らし】

<幼保無償化の行方> (下)保育士の確保 園児との時間優先

園児の様子を職員用スマートフォンで撮影する保育士の河野さん(右)=愛知県大府市の「なごころ保育園」で

写真

 ウサギのぬいぐるみを差し出した一歳の女の子に向かい、保育士の河野房子さん(55)がスマートフォンでパシャ。他の園児が友達の頭をなでたり、つかまり立ちしたりする様子も写真に収め、コメントをつけてそれぞれの保護者に送った。

 愛知県大府市の「なごころ保育園」で使っている「連絡帳アプリ」。子どもの園での様子を、担当した保育士が毎日、写真とともに伝える。

 連絡帳はノートに書いて保護者に渡すのが主流だが、「慣れれば、手書きより早くて楽」と河野さん。同園が進める保育士の働き方改革の一環だ。

 ほかにも、保育士らが手作りする壁の装飾もなくすなど、保育以外の業務を極力なくし、決められた勤務時間の中で園児としっかり向き合えるように。また、ゼロ〜二歳児一人を担当する保育士を二人決め、交代で休みやすくした。このため、週休三日も可能で、副業も認められている。それでも、給与水準は周囲の園とほぼ変わらないという。

 同園は人材派遣などを手掛ける「長屋心」(名古屋市)が昨年四月に開園。ゼロ〜五歳児を対象にした認可外施設だが、保育士の負担軽減と質の良い保育の実践を掲げ、開設時の二十人の募集に八十人が応募した。今春も十人の枠に四十五人が集まる人気ぶりだ。

 採用担当の佐橋奈沖美さん(49)は「保育に集中できる環境が魅力なのでは」と手応えを感じている。

 十月一日から始まる幼児教育・保育の無償化で懸念されていることの一つが、保育士不足だ。独立行政法人「福祉医療機構」(東京)が昨年八、九月に行った調査では、全国約千の保育所と認定こども園の三割で保育士が不足。そのために子どもの受け入れを制限している施設も一割近くあった。無償化で希望者が増えても、十分に受け入れられない恐れがある。

 保育士不足の背景には、職場環境をめぐる厳しい現実がある。

 今春、別の認可保育所から、なごころ保育園に移った女性保育士(28)は前の職場では残業や休日出勤が多く、発表会の衣装などを自宅で持ち帰って作ることも。「達成感はあったけど、消耗した」。同園で乳児三人を受け持つ女性保育士(23)も、以前勤めた幼稚園で約二十人のクラスの担任に。工作の準備などにも追われ、子どもとうまく関われる自信が持てずに退職した。現在は、副業としてケーキ店でも働く。

 名城大の蓑輪明子准教授らが愛知県内の保育職員約一万人を対象に二〇一七年度に行った労働実態調査では、正職員の84・6%が「仕事量が多い」と回答。行事の準備や壁の装飾など保育以外の業務で残業する人が多く、残業時間が過労死の危険性が高まる月六十時間を超える人も百六十二人おり、最高は百三十五時間に達した。

 また、厚生労働省によると、一七年の保育士の平均月給は約二十三万円。全業種の平均より十万円も少ない。保育士確保に向け、国や各自治体は給与の引き上げのほか、家賃の補助、子どもの保育料の無利子での貸し付けなど、多くの支援策を打ち出している。

 蓑輪准教授は「保育士が余裕を持って子どもと向き合い、やりがいを持って働ける環境づくりが大事」と話す。 (吉田瑠里、平井一敏)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報