東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 暮らし一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【暮らし】

大学入試 周囲の物音に困ったら… 挙手し監督者に訴えて

大学入試センター試験に臨む受験生=名古屋市千種区の名古屋大で

写真

 18、19日に全国で一斉に実施された大学入試センター試験。読者から「息子の近くに座っていた受験生が試験中に大きな声や物音を出し、テストに集中できなかったと落ち込んでいる」との声が寄せられた。人生も左右する大学入試は、誰もが静かな環境で、持てる力を発揮したいと願うもの。センター試験を運営する大学入試センター(東京都目黒区)や、大学の担当者らに対処法を聞いた。 (芦原千晶)

 読者の長男(17)は、中部地方のある大学で受験。長男によると、問題の受験生は前の席に座っており、大きな声で独り言をつぶやいたり、試験中に監督者の制止を振り切ってトイレに立ったり、いすをたたいたり。だが、監督者が注意することはなかったという。

 長男は苦情を言えないまま試験が終了。悔いが残っており、「受け直せるものなら受け直したい」と話したという。

 大学入試センターによると、例年、センターや会場の大学には試験中や終了後、「せきがうるさい」「貧乏ゆすりが気になる」などの声が寄せられる。

 試験中に周囲の受験生の奇異な行動などで、解答上の支障があると苦情を申し出たい時には、手を挙げて監督者に知らせることができる。すべての監督者に、こういった時の対応についてのマニュアルが配られており、センターの担当者は「適切に対応することになっている」と語る。

 実際に試験中に苦情の申し出があると、監督者がその状況を確認。解答に支障があると判断した場合は、スペースが許せば、苦情を申し出た人か、物音などを立てている人かのいずれかを、教室内の離れた席や別室に移動させて受験してもらうという。

 受験生から申し出がなくても、明らかに支障をきたしていると監督者が判断すれば、物音を出す受験生らに注意の書面を示して改善を促すこともある。「いずれの場合も、双方の受験生の心理面に十分配慮しながら対応している」という。

 対応が難しいのが、試験が終わった後に苦情を申し出られたケース。過去には、再試験になったこともあるが、試験会場側に明らかな落ち度がある場合に限られ、かなりまれという。

 今回、本紙の取材に対し、センターが該当の大学を通じて、試験室にいた全監督者に状況を確認。問題の受験生の状態については認識していたが、周囲の解答に支障が出るほどの奇異な行動や物音ではないと判断したという。

 私立大や国公立大の個別試験ではどうか。受験生への苦情の対応は各大学の判断になるが、多くの大学ではセンター試験の運用を参考にしているという。

 ある国立大の入試担当者は「監督者が試験時間中にすぐに対応することは難しいが、休憩時間中に関係者と相談の上、対処するようにしている」と語る。

 愛知県内の私立大の担当者は「試験に集中している時に、無意識にシャープペンシルをかちかちと鳴らすなど特異な行動をとる受験生もいて、対応が難しいこともある」とも吐露。今年も独り言を発している受験生がおり、試験中に書面を示して注意したという。

 この担当者は「周りの騒音などで試験に集中できないと感じる時は、申し出てもらえれば、何らかの対応をしやすいが、申し出がないと、支障がなかったとみなされてしまう可能性がある」と指摘。「ぜひ、気後れせずに挙手して監督者に伝えてほしい」と呼び掛けている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報