東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 暮らし一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【暮らし】

治療で食べられなくても…がん張れるレシピを 症状別にサイト公開

昨年12月に開かれた、がん患者とその家族向けの料理教室=千葉県柏市で

写真

 がんの手術や抗がん剤の使用によって食が細くなることがある。食べられない原因はさまざまだが、栄養が足りないと体力の回復が遅れ、治療にも影響がある。そうした状況でもおいしく食べられる食事を研究し、料理教室で普及を図ってきた国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)は、その成果を基に症状別レシピ検索サイトを公開、活用を勧めている。

 昨年十二月。東病院にほど近い駅前にあるキッチンスタジオで、がん患者とその家族向けの「柏の葉料理教室」が開かれた。二〇〇八年から開催している。

 この日のテーマは「貧血がある方の食事」。薬や放射線治療によって血液をつくる作用が低下したり、食事量の減少や消化吸収の阻害で鉄分が不足したりした場合が当てはまる。立ちくらみや息切れ、疲れやすいなどの症状があるが、自覚症状がない場合も多い。

 司会役の東病院管理栄養士、林賢悟さんが紹介したメニューは「アサリと小松菜のチャーハン風」「肉巻きソテー」「カブと菜のごま煮」など五品。動物性と植物性の鉄分の豊富な食材を組み合わせ、入手しやすさや調理の容易さも考えた。

 林さんは「植物性の鉄分はビタミンCと組み合わせると吸収が良い」「緑茶やコーヒー等のタンニンは鉄分の吸収を阻害しやすい」など、栄養の知識や調理のこつを解説した。

 東病院がんサポーティブケアセンターの全田貞幹(ぜんださだもと)副室長(放射線科)によると、がん治療には食事で体力を維持することがとても大切だ。「体力がないと、抗がん剤の副作用が強くなり治療を中断せざるを得なくなる場合がある」という。

 同時に、「食べられないことで生活の質が制限される」と全田さん。何が食べられるのか、食べていいのかが分からないと、例えば知人とのランチに行けなくなったり、仕事の会合に出られなかったりする。

 料理教室の目的は栄養摂取や調理のノウハウを教えることだけではない。「食卓での会話の楽しみを取り戻してもらう。こうしたら食べられますよ、と最初の一口をお手伝いしたい」と東病院の千歳はるか栄養管理室長。病院の管理栄養士が提案し、試作しては改良を重ねてきたレシピは千三百品を超えたという。

 千歳さんによると、がん症状別レシピ検索サイト「CHEER!(チアー)」は、症状、主菜・副菜などの料理区分、食材、フリー語句の四種類の検索が可能だ。例えば症状は、食欲不振、吐き気・嘔吐(おうと)、味覚変化、口内炎・食道炎、下痢、便秘、消化器手術後、貧血の八つから調べられる。

 検索結果の料理のページでは詳しい作り方のほか「一度に二品、体調が優れないときでもつくりやすい」「味が薄く感じる方向けの一品」などのコメントがある。現在は百品目だが、今後の反響や寄せられた意見に応じて追加、充実させていく方針だ。

 全田さんは「患者にどのような食事が望ましいかというテーマは(がん患者の生活の質を改善するために行われる)『支持療法』の一つとして研究されるべき分野だ」と強調した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報