東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 暮らし一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【暮らし】

「介護者の会」広め定着を NPOが運営支援講座 ケア仲間悩み共有の場に

会の進行役や介護者役を体験する参加者たち

写真

 家族を介護する人たちが集い、悩みなどを話し合う場を地域で増やそうと、立ち上げや運営を支援する動きが広がっている。集う場は「介護者の会」などと呼ばれ、当事者同士で不安やストレスを分かち合える貴重な機会。経験豊富なNPOなどが介護者たちにノウハウやこつを伝え、地域に人材や集う場を根付かせる。(出口有紀)

 「参加者が『気持ちを受け止めてもらえた』という思いになれるよう、平等に話し合っているかを進行役はみて」

 二月上旬に愛知県春日井市で開かれた、介護者の会の立ち上げ方を学ぶ講座。講師で、東京のNPO法人「介護者サポートネットワークセンター・アラジン」理事長の牧野史子さん(65)が呼び掛けた。

 アラジンは介護保険制度が始まった翌年の二〇〇一年に設立。介護者の会の先駆けで都内で運営するほか、首都圏を中心にノウハウを伝える。

 講座を開いたのは春日井市のNPO法人「てとりん」。一〇年に設立し、毎月第三土曜日に「家族介護者のつどい」を開く。設立時から携わる看護師で、代表理事の岩月万季代さん(52)は当時、働きながら母の介護が始まり「母が衰えていくことを受け止めるのはしんどい。介護者が気持ちを言い合える場がほしかった」。当初から牧野さんらの助言を受け、続けてきた。

 好評で市外からも訪れるといい、地域に広めたいと講座を企画。地元住民ら約二十人が参加し、進行役や介護者役を体験した。参加者で、複数の介護者の会に顔を出すという男性(58)は「仲がいい人だけで話し、新しい人が入りづらい会もある」。

 牧野さんによると、会を続けるポイントの一つが「参加者を否定、批判したり、指導したりしないこと」。参加者は突然の介護に混乱し、不安だ。まず、たまった気持ちをはき出せる雰囲気を作る。ケアマネジャーや介護福祉士ら専門職が輪にいると介護サービスにつなげたり、一方的に指導したりしがちだが「必要な情報を押しつけにならないよう、示してもらえたら」。

 もう一つが「横のつながり」。専門職も介護者も対等の立場で参加する。アラジン事務局長の中島由利子さん(69)は「介護者は自ら問題を解決する力がある」といい、経験を押しつけず、気持ちに寄り添い、解決策を見つけるのを待つ姿勢が大切という。

 具体的な進行方法としては、皆が輪になるなどして自己紹介で一巡し、二巡目で困りごとを聞く。「要介護者が夜、眠ってくれない」など、参加者から共通の話題を引き出す。回を重ねるとそれぞれの参加者の状態がつかめ、進行役も話を振りやすくなり、自然と盛り上がるようになる。

 中島さんは「進行役は参加者の悩みを抱え込まず、支援者で共有することが活動を長続きさせるこつ」と話す。

    <介護者の会を続けるこつ> 

・できる範囲で始める

・進行役を決め、みんなが平等に話せるようにする

・参加者の気持ちに寄り添い話を聞く

・参加者を否定、批判、指導しない

・共通の話題を引き出す

  ※岩月さん、牧野さんらの話を基に作成

◆高まるニーズ

 厚生労働省によると、要介護・要支援の認定者数は二十年で約三倍に増え、昨年は約六百六十万人に。介護者も増え、介護離職や遠距離介護など課題も多様化する一方、介護保険には介護者を直接支援する仕組みはなく、介護者の会のような場の必要性が高まっている。

 当事者のほかボランティア、介護事業者、地域包括支援センターなどが開いており、名称や運営方法もさまざま。認知症の人や家族らが集う「認知症カフェ」だけでも約七千カ所(一八年度)に上る。

 厚労省も介護者を支援対象と認め、一八年に市町村と地域包括支援センター向けに支援マニュアルを作成。既存の認知症カフェなどを活用して働く介護者も参加できるよう、平日夜や土日の開催などを提案している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報