東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 悩みの小部屋一覧 > 記事

ここから本文

【悩みの小部屋】

<法律お助け隊 君和田伸仁弁護士> 転職予定の会社が突然内定取り消し

<お悩み> 長年、A社で勤務してきましたが、スカウトされB社へ転職することにしました。B社が8月1日付で採用するとの内定通知を6月上旬に送ってきたので、7月末でA社を退職する手続きを済ませました。ところが「計画していた新規事業が取りやめになった」との理由で7月に入り、B社から内定取り消しの通知が届きました。どうしたらよいでしょうか。 (東京・会社員 40代)

◆合理的な理由なく無効

<お答え> 採用内定の通知がされると、企業との間で労働契約が成立します。

 しかし入社予定日までに内定を取り消す事由が発生した場合、企業は労働契約を解約できると考えられています。内定取り消しの事由となるのは合理性、社会的相当性があるものに限られます。例えば内定通知後の健康診断によって、業務に耐えられない病気にかかっていることが判明したような場合です。

 経営環境の変化など企業側の事情も取り消し事由になり得ますが、内定を通知した時点で予測できなかった急激な変化があったような場合に限られます。内定の取り消しが想定されるような経営環境なら、そもそも内定を出さず採用を控えるべきだからです。

 あなたの内定取り消しは、あなたには全く責任のない新規事業の取りやめというB社側の一方的な事情に基づくものです。また内定通知から採用まで二カ月弱の間に中止になるような事業は計画自体がずさんでもあり、合理性や相当性がある事由とは言えません。従って、内定取り消しは違法で無効になると考えられます。

 内定取り消しが違法無効とされた場合、(1)B社の労働者であることの地位確認と、採用予定日以降の賃金を請求する(2)B社での雇用を求めず、損害賠償を求める−という方法があります。損害賠償としては、A社を退職し、職を失ったことで得られなくなった収入相当額のほか、慰謝料を請求することが考えられます。

 B社は一方的な都合で、あなたの職業生活を狂わせたので、一定の誠意ある対応を示すと思われます。まずB社と話し合うことをお勧めします。解決できない場合は、弁護士に相談し、訴訟や労働審判などを考えるべきでしょう。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報