東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

「たたかない、怒鳴らない」 柏レイソル、虐待防止へ講座

柏レイソルのスタジアムで開かれた「たたかない、怒鳴らない子育て講座」で学ぶ参加者ら=千葉県柏市で

写真

 十一月は児童虐待防止推進月間。国やNPOなどが虐待へとつながる子どもへの体罰や暴言をなくそうと取り組む中、サッカーJリーグの柏レイソルは十四、十七の二日間、「たたかない、怒鳴らない子育て講座」を千葉県柏市のスタジアムで開いた。子育て中の親ら計約五十人が参加した。 (奥野斐)

 柏レイソルは二〇一二年から、世界で子ども支援を行う非政府組織(NGO)「セーブ・ザ・チルドレン」の活動に賛同。子育て講座などを共同で主催してきた。「サッカークラブは子どもがいないと成り立たない。子どもが育つ環境をより良くしたい」と、日立柏レイソル事業本部の河原正明さんが理由を話す。同クラブには小学生から高校生までが所属するサッカー選手の育成組織もあり、「クラブ全体で『子どもは大事』と発信したい」という。

 三年前から虐待予防のための「ポジティブ・ディシプリン(前向きなしつけ)」プログラムの普及にも関わる。ファンや一般参加者、指導者向けの講座を六回開催したほか、今年九月には「#サッカーも子育てもフェアプレー」をスローガンに、たたかない、怒鳴らない子育て推進のチャリティーマッチも実施した。

 十四日の講座では、本来は十八時間のプログラム内容の一部を二時間で紹介。「セーブ・ザ・チルドレン」の講師が体罰などを用いるべきではない理由を「子どもへの負の影響が大きい」などと説明、近年の研究で、体罰や暴言が子どもの脳を傷付け、学習への意欲を低下させたり、大人になってから精神疾患を引き起こしたりする可能性があると分かってきたことを話した。

 参加者は、たたいたり怒鳴ったりせずに子どもと向き合う、前向きなしつけのプログラムを体験。「子どもが二十歳になった時にどんな人に育ってほしいか」といった長期的な目標を決め、そのために子どもにどう「温かさ(安心、安全)」と「枠組み(情報)」を提供するかを考えた。「二歳の子が雨なのにコートを着るのを嫌がる」という状況を例に、年齢に応じた発達状況を理解し、課題解決の方法を学んだ。

 参加した、小学生の子ども二人を育てる茨城県の会社員男性(41)は「普段怒鳴りがちだが、自立して思いやりがある人に育てたいという長期的な目標を大事にしていきたい」と話した。

 講座を担当した瀬角(せすみ)南さんは「しつけとは教えること。子どもを一人の人間として尊重し、子どもの視点で考えることが大切」と語った。

<体罰によらない子育て> 2016年の児童福祉法改正時の付帯決議に「啓発すること」と明記された。これをふまえ、厚生労働省は子どもに向きあうポイントと、体罰や暴言による悪影響などをまとめたリーフレット「愛の鞭(むち)ゼロ作戦」を作成。日本を除く54カ国が子どもへの体罰を法律で禁じている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報