東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

女子アスリートの体調管理、ポイントは? 都、中高生向けに冊子

月経との付き合い方など体調管理についてまとめた冊子

写真

 部活動などで本格的にスポーツに取り組む思春期の女子に、疲労骨折や生理不順などが起きやすくなる問題が注目されている。東京都は、中学や高校の女子生徒向けに、体調を管理するポイントなどをまとめた冊子「女子アスリートのコンディショニングガイド」を作成した。都のウェブサイトからダウンロードできる。 (石原真樹)

 冊子は、漫画やイラストによる説明が分かりやすい。月経など女性特有の体調変化を理解し、バランスの良い運動と栄養、休養に気を付けることがベストパフォーマンスにつながるだけでなく、将来の自分自身も守ることになる、と体調管理の重要性を説いている。

 運動量に比べて食事の量が少ないとエネルギー不足になり、月経不順による貧血や、低骨密度による疲労骨折を起こしやすくなる仕組みを解説。特に成長期のエネルギー不足は、将来の骨粗しょう症リスクが高くなったり月経が止まったりするとして、運動と栄養、休養のバランスが大切だと強調している。

 保護者や指導者に対しても、十代の生活習慣が五十年後の健康に影響し、骨粗しょう症リスクや、妊娠しにくい状態になる可能性があると指摘。きちんと食事や睡眠を取らせ、月経に伴う不調をケアするよう呼び掛けている。

 冊子にはほかに、三十七歳まで現役生活を続け、その後出産した元サッカー選手、澤穂希(ほまれ)さんのコラムなどもある。

 十万部を作成。都内の学校や競技団体に配布した。ダウンロードできるウェブサイトのアドレスは、https://www.sports-tokyo.info/joshi-athlete/。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報