東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

非正規の独身女性向け講座 横浜で15日から、10月まで4回

 横浜市男女共同参画推進協会は、非正規職で働くシングル女性のための「仕事とくらしのセーフティ講座」を六月から十月にかけて四回、同市内で開く。

 パートや派遣などで働く三十五歳以上のシングル女性が対象。「時代の変化をとらえて『働きつなぐ』」と題したキャリアカウンセラーによる講座や、介護離職に詳しい専門家による親の介護に備えるための情報提供などのほか、参加者の交流会もある。

 現在四十歳前後の就職氷河期世代は、不安定な働き方を余儀なくされている人が多く、政府も就業支援策の検討を始めた。同協会は三年前から、特に声が埋もれがちなシングル女性に特化した講座を開催。これまでに延べ三百人余りが受講し、参加者同士が支え合うグループも生まれているという。同協会は「情報を得て、将来の不安を減らすのに役立ててほしい」と参加を呼びかけている。

 開催日は六月十五日、七月二十日、九月二十一日、十月二十六日で、いずれも午後一時半から四時半。参加費無料。詳しい情報や申し込みは同協会専用サイト(「非正規職 シングル 仕事」で検索)。問い合わせは同協会事業企画課=電045(862)5141=へ。 (小林由比)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報