東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

浮世絵にみる 子どもの文化 すみだ郷土文化資料館で企画展 来月7日まで

向嶋弘法大師境内之図(すみだ郷土文化資料館提供)

写真

 東京都墨田区のすみだ郷土文化資料館で「浮世絵にみる子ども−名所絵とおもちゃ絵」が開かれている。子どもの権利条約採択三十周年にちなんだ企画展。七月七日まで。

 展示されているのは、子どもや親子が描かれた名所絵や風俗絵、おもちゃ絵など同館所蔵の約五十点。江戸〜明治時代の子どもの環境や文化がうかがえる作品をピックアップした。

 主な作品は、寺島大師で有名な蓮花寺境内で遊ぶ子どもたちを描いた「向嶋弘法大師境内之図」(歌川貞虎)や、隅田川から吹く川風に夕涼みにきた女性や子どもの姿を描いた「東都両国夜遊之図」(歌川国周)など。すごろくとして子どもが遊べる「江戸名所一覧双六(すごろく)」(二代目歌川広重)も展示されている。

 資料館学芸員の高塚明恵さんは「子どもの文化が豊かだったことが当時の浮世絵で読み取れる。子どもの存在をあらためて考えるきっかけになれば」と話している。

 開館は午前九時〜午後五時。入館料百円。休館日は毎週月曜と第四火曜。問い合わせは同館=電03(5619)7034=へ。 (大沢令)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報