東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

ラオスに絵本寄贈へ 教育支援のNPO、準備資金100万円募る

 ラオスの子どもたちの教育支援などを続けている認定NPO法人「ラオスのこども」が、ロシア昔話「おおきなかぶ」のラオス語版を出版、千部を現地の学校図書室に寄贈するプロジェクトを立ち上げた。このための資金の寄付を百万円を目標に募っている。

 同法人ではこれまでラオスの小中高校の約三分の一にあたる二千七百校余りに図書の配布などを行い、その活動の一つとして「おおきなかぶ」にラオス語の翻訳シートを貼り付けた絵本も届けてきた。

 絵本が、現地で先生による読み聞かせに使われているほか、児童劇の素材になるなど、子どもたちの間で人気があることからラオス語版の出版を決めた。

 寄付は九月末までに集めたいとしており、目標額を上回った場合、同法人の他の支援事業に充てられる。

 寄付の問い合わせは同法人=電03(3755)1603=へ。 (仁賀奈雅行)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報