東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

雪国の味を召し上がれ 22日、新潟・南魚沼で名酒と食のイベント

「米と酒 魚沼の陣」のポスター

写真

 新潟県南東部の名酒と食を集めたイベント「米と酒 魚沼の陣」が二十二日、同県南魚沼市のJR浦佐駅で開かれる。十軒の酒蔵の自慢の酒を手ごろな価格で試飲できるほか、ブランド米として知られる魚沼コシヒカリの新米をはじめとした特産グルメが楽しめる。

 全国有数の豪雪地帯が育む味わい深い食文化をPRしようと、同県で地方紙を発行する新潟日報社が主催。同県の南魚沼市、十日町市、魚沼市、津南町、湯沢町の三市二町の物産を取り上げる。浦佐駅は上越新幹線の停車駅。

 当日は「八海山」で知られる八海醸造など酒蔵のほか、地元産のクラフトビールやワインのブースが並ぶ。酒の試飲は百円券二十枚つづりの試飲チケット(二千円、試飲用おちょこ付き)の購入が必要。食のブースでは、もち豚カツサンドやアユの塩焼きなど地元産食材を使った多彩な料理を販売する。

 午前十時〜午後六時。入場無料。問い合わせは、新潟日報事業社=電025(383)8025=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報