東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

熱海で暴れるゴジラ見よう 来月開催 特撮映像集めた「怪獣映画祭」

「怪獣絵師」と呼ばれる人気イラストレーター開田裕治さんが手掛けた熱海怪獣映画祭の宣伝デザイン

写真

 怪獣が熱海で大暴れするゴジラやウルトラマンなどの特撮映像を中心に集めた「熱海怪獣映画祭」が十一月二十二〜二十四日、静岡県熱海市で開かれる。熱海を「怪獣の聖地」にして観光客を呼び込み、地域活性化につなげようと映画好きの市民有志が始めた。国際観光専門学校熱海校で十一作品を上映する。 (山中正義)

 熱海城が決戦の舞台となった「キングコング対ゴジラ」(一九六二年、東宝)や、熱海とみられる街中で怪獣が暴れる「ウルトラマン第十一話 宇宙から来た暴れん坊」(六六年、円谷プロダクション)などを上映予定。ウルトラマンシリーズを手掛ける田口清隆監督の協力で、若手映画監督による作品も鑑賞できる。上映は二十三、二十四日。

 二十二日は映画関係者らが「怪獣映画と熱海」をテーマに話すシンポジウムを開く。二十三日夜には熱海芸妓(げいぎ)見番歌舞練場でコンサート「ゴジラ伝説」があり、熱海市出身の音楽家井上誠さんらが出演する。

 映画祭は昨年十月、初開催。主催する一般社団法人・熱海怪獣映画祭代表理事の永田雅之さん(46)によると、一日だけの開催で「映画祭と言うよりは上映会」。本格的な映画祭として定着させようと今回、日数を増やした。地元の複数の飲食店も協力、映画祭にちなんだメニューを提供する。

 永田さんは「市民で作るみんなに愛される映画祭にしたい。海外にまで発信して地域を盛りあげたい」と意気込む。

 チケットはインターネットで販売中。料金は一作品券の千円(税別)から二日間通し券の四千円(同)まで。コンサートは四千五百円(同)。問い合わせは熱海怪獣映画祭=電090(8318)0453=へ。

怪獣ポーズで熱海怪獣映画祭の開催を祝う来場者ら=熱海市中央町の国際観光専門学校熱海校で、2018年10月27日撮影(いずれも熱海怪獣映画祭提供)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報