東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

ギョーザで世界征“腹” 宇都宮の魅力広める企画

ギョーザを食べて出身の国・地域にシールを貼る外国人=宇都宮市で

写真

 「ギョーザの街」として知られる宇都宮市で、ギョーザを食べた市内在住の外国人や外国人観光客に市内の魅力を感じてもらい、国内外に発信してもらう取り組み、宇都宮Gプロジェクト「餃子(ギョーザ)で世界征腹計画」が始まった。宇都宮のイメージアップを進める市や経済団体などでつくる宇都宮ブランド推進協議会が企画した。(原田拓哉)

 プロジェクトは、専門店などでつくる宇都宮餃子会が運営する「来らっせ」本店(馬場通り)が拠点。市内のさまざまなギョーザ専門店の味が楽しめる「来らっせ」を訪れた外国人が、店内に置かれたシールやチラシに掲載されたQRコードをスマートフォンで読み取る。接続された専用のサイトに名前やギョーザを食べた感想などを入力すると、大谷石の採掘場跡が広がる大谷資料館や、広大な竹林がある若山農場などの割引クーポンがもらえる。

 訪れた観光地で撮影した写真をインスタグラムで投稿し、賛同を得る「いいね!」が最も多かった人には、ギョーザ百個がプレゼントされる企画も。来らっせの店内の世界地図には、ギョーザを食べた外国人がそれぞれの国・地域にシールを貼ってもらっている。

 プロジェクトは十二月十三日まで。同協議会は「県内で外国人が訪れる観光地は日光が中心。ギョーザをきっかけに、宇都宮市内にも魅力的な観光地があることを知ってもらいたい」と話している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報