東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

ジョン・レノン追悼45曲 7日に横浜 トリビュートバンドらライブ

ライブのちらしを手にする戸谷章子さん=横浜市内で

写真

 ビートルズのメンバー、ジョン・レノンが銃弾に倒れた一九八〇年の十二月八日から三十九年を前に、横浜市の塾経営戸谷(とたに)章子さん(60)が七日に横浜市西区のランドマークホールで追悼ライブ「GIG ME DO! in YOKOHAMA」を企画している。トリビュートバンドなどがビートルズやメンバーらの約四十五曲を披露。「平和を思うジョンのメッセージを感じて」と願う。 (奥野斐)

 戸谷さんは中学一年の時、ビートルズの曲「ハロー・グッドバイ」に衝撃を受けて以来のファン。三人の子育てが一段落した五十代でビートルズバンドを組んだ。二〇一四年には、英国リバプールで毎年開催されるビートルズバンドの祭典に初めて参加。日本でも企画を手掛け、「ビートルズの親善大使」を自任する。

 戸谷さんは「ジョンの世界平和や子どもたちの未来を思うメッセージは、今聞いても古くはなく、より重みを増している。世界中の子どもたちにすてきなクリスマスが訪れることを願いたい」と話す。

 ライブは午後三時から計六時間開催。第一部はトリビュートバンド「THE BEAT☆RUSH(ザ・ビートラッシュ)」や、戸谷さんがボーカルとギターを務める「Piggies(ピギーズ)」らが出演。第二部(五時四十分〜)では、ビートルズ研究家の藤本国彦さんらがドイツ・ハンブルク時代から、ジョンのソロ時代までを解説。スペシャルバンドらの演奏を挟み、トークと音楽で歴史をたどる。

 収益は全額、神奈川県ユニセフ協会を通じて世界の子ども支援に寄付する。先着五百十人。チケットは一席五千五百円(別にワンドリンク六百円が必要)。購入はチケットぴあ(Pコード158906)、または主催のT・Tスタジオ=電045(413)5555=へ。

英国リバプールでのイベントで歌う戸谷章子さん(本人提供)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報