東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

人力車でわくわく 茨城空港−空のえきで運行開始

客を乗せて人力車を運行する陣野巧真さん(右)=茨城県小美玉市で

写真

 茨城空港と観光施設「空のえき そ・ら・ら」(茨城県小美玉市)を結ぶ人力車の運行が始まった。

 空港に近接する空のえきが「新たな観光の目玉に」と企画した。「そらの人力車」と名付けられ、水戸市で人力車の運行実績のある観光プロデュース業「絵になる水戸プロジェクト」が運行業務を担う。トヨタレンタリース茨城とも連携し、コース上にあるトヨタレンタカー茨城空港店で利用者に飲み物を提供する。

 今月五日、空のえきで開かれた発車式では河原井忠男駅長(72)が「空港とそ・ら・らを結ぶシンボル事業になることを期待している」とあいさつ。水戸プロジェクトの首藤敦子代表(57)は「レトロな人力車を楽しんでほしい」と利用を呼び掛けた。

 人力車は二人乗り。空港と空のえき間約六百メートルを往復する。運行日時は、空のえきでイベント「円にち そ・ら・ら食彩まつり」が催される毎月第一日曜日の午前十時から午後三時まで。予約不要で無料。 (松村真一郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報