東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

奈良中南部の魅力発信 日本橋で13日まで

写真

 東京・日本橋にある奈良県のアンテナショップ「奈良まほろば館」で十三日まで、県中南和(中南部)地域の魅力を発信するイべント「『Another NARA(もう一つの奈良)』〜ゆっくり、たっぷり、なら中南和めぐり〜」が開かれている=写真。入場無料。

 主催は橿原(かしはら)市や明日香村など十六市町村でつくる「県中南和広域観光協議会」(会長・亀田忠彦橿原市長)。地域の名所旧跡や伝統行事、名産品を紹介する。十一日は映画「天使のいる図書館」の上映会も予定。

 問い合わせは奈良まほろば館=電03(3516)3931=へ。

 七日には商談会が行われ、観光、旅行業者らが出席。橿原市が全国の信用金庫からなる「よい仕事おこしフェア」実行委員会と連携協定を結んだことから、城南信金(東京)と奈良中央信金(奈良)の理事長も参加した。亀田市長は「首都圏にあまり届いていない中南和地域の魅力を知ってほしい」とあいさつした。

 また、奈良県立橿原考古学研究所付属博物館の館蔵品巡回特別展「しきしまの大和へ」(東京新聞共催)が四月二十一日から、横浜ユーラシア文化館で開催される予定。 (清水孝幸)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報