東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > 中学野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【中学野球】

新宿中、連続完封で4強

第23回教育長杯争奪TAITOニューイヤートーナメント少年野球大会

1被安打2与四球9奪三振と好投し完封勝利を飾った新宿中の山崎

写真

 第23回教育長杯争奪TAITOニューイヤートーナメント少年野球大会(台東区少年軟式野球連盟主管、東京中日スポーツ・東京新聞後援)は20日、同区の台東リバーサイドスポーツセンター野球場で準々決勝の4試合が行われ、大森ホワイトスネークス(大田)、昨年覇者の駿台学園中(連盟推薦・北)、新宿中(にいじゅくちゅう・葛飾)、上馬シニア野球クラブ(世田谷)が、26日の準決勝に駒を進め、同日に行われる決勝進出を目指す。 (都丸満)

 初出場の新宿中が、2戦連続完封勝利で4強入りを決めた。

 「身長があるんで、角度があって、変化球も大分安定してきた」(浦田一美監督)という183センチの山崎大嘉が前戦に続き先発。「低めに集め打ち取ろうと意識してなげた」と言う通り、4回まで完璧投球で凡打の山を築き、5回以降も1安打2四球とランナーを背負うも、ホームを守り切った。

 攻撃では、4回表無死満塁の好機に、山崎の内野ゴロに敵失が絡み、二走の徳田涼介も一気に生還、続く今川裕翔の左前打でも2得点。さらに5回には、鈴木璃久からのクリーンアップ3連打でダメ押しの2点を加え試合を決めた。

4回無死満塁、先制のホームに滑り込む三走・鈴木璃久(いずれも都丸満撮影)

写真

 白井志篤主将は、チームカラーの“全力プレー”が勝利につながったと振り返り、次戦に向け、「挑戦者、必ず勝つ、全力プレーの3つを心掛けて頑張りたい」と力強く誓った。

 ▽準々決勝

大森ホワイトスネークス5−1豊島クラブ

(大田) (北)  

駿台学園中1−0ブラックキラーズ

(連盟推薦) (足立) 

新宿中6−0目黒ピータース

(葛飾) (目黒) 

上馬シニア野球クラブ4−3江東パワーフォース

(世田谷) (江東) 

 

この記事を印刷する

PR情報