東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > 中学野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【中学野球】

クラウディーズ 初陣完封コールド 東京都少年軟式新人戦

 令和元年度第19回東京都少年新人(中学)軟式野球大会コントリビュート・トーナメント(都軟式野球連盟主催、東京中日スポーツ・東京新聞など後援)は15日、葛飾区の奥戸総合スポーツセンター野球場(奥戸野球場)で開幕。同球場などで1、2回戦15試合が行われ、初出場のクラウディーズ(江東)などが3回戦に進出した。 (都丸満)

創部2年目のクラウディーズが、完封コールド勝利で都大会初陣を飾った

写真

 創部2年目

 2018年に設立されたクラウディーズ。江東区軟式野球連盟1部所属の社会人クラブチームが母体の“中学の部”で、今回が都大会初出場。多摩倶楽部(多摩)との2回戦を5回完封コールドで勝利し初陣を飾った。

 昨秋の東京中学生野球選手権一年生大会で3位の成績を残しているが、各支部の予選を突破してきた強豪チームを前に、「期待半分、心配半分」と吉田隆之監督。

 1回表には、1番・那須野美来の三塁打に続き、川瀬貫太が右翼へ先制打、1死後には鈴木一史主将の適時打で2点を先行。3回には、1死三塁、先発し、ここまで打者6人で抑えてきた菅原夕雅が中越え2ラン、7番・高野和勇汰、9番・森潤伍の適時打など打者一巡で6点と、「心配」を吹き飛ばす猛攻を見せ、「期待」に応え一気に突き放した。

 4回以降は快音が響かなかったが、先発右腕が2安打ゼロ封と抑え切り3回戦に駒を進めた。

 「頑張ってくれた。大きなミスもなく、打てていた。良い初戦、スタートができました」と吉田監督。鈴木主将は「打線が止まってしまった、守備でも」と振り返り、次戦は上一色中(中体連・江戸川)かケープシニア(東久留米)だが、「強いチームなので、しっかりそこを倒して優勝まで行ければ」と気を引き締め目標を掲げた。

すがすがしく行進

 秋空の下行われた開会式では、葛飾区立奥戸中吹奏楽部=写真(下)=の演奏で、2年生以下の新チームとなった全41チームの選手がすがすがしく入場行進。優勝杯などの返還後、中体連支部の府中一中・寺岡涼介主将が「日頃の練習の成果を生かし、正々堂々プレーする事を誓います」と力強く宣誓し幕を開けた。

 10月6日の決勝まで熱戦を繰り広げ、優勝、準優勝チームは、文科大臣杯全日本春季大会(来年3月・静岡)へ、3位チームが代表決定戦を行い、勝利チームは、関東・北信越新人大会(11月・宇都宮)に都代表として出場する。

 ▽1回戦

ケープシニア11−0石泉クラブ

神谷ライオンズ5−2目黒ピータース

足立球友会7−0三鷹倶楽部B

藤の台1−0シャイニングスター

府中一中12−1東京サニーズ

板橋ベースボールクラブA2−1小金井野球クラブ

江戸川オリオンズ4−1府中タイガースB

鐘ケ淵イーグルス11−1渋谷セブンスピリッツB

八王子ライジング11−6仲町会ブルーストロングス

 ▽2回戦

クラウディーズ8−0多摩倶楽部

東村山パワーズA9−2立川ベースボールクラブ

グランフレールA8−2調布倶楽部

サンジュニア3−0福生ベースボールクラブA

上馬シニア野球クラブ9−4武蔵ベースボールクラブ

大塚オールスターズ8−5クロウズ

 

この記事を印刷する

PR情報