東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > 中学野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【中学野球】

大塚 競り勝ち決勝へ 駒沢少年王座決定戦

 少年(中学)、学童野球の各都大会上位チームが頂点を競う、東京都スポーツ事業団理事長杯駒沢ジュニアベースボール大会第6回少年王座決定戦、同第11回学童王座決定戦(東京都スポーツ文化事業団、駒沢オリンピック公園総合運動場主催、東京中日スポーツ・東京新聞後援)は15日、都営駒沢球場(駒沢硬式野球場)で少年、駒沢軟式野球場で学童の準決勝などを行い、少年は上一色中(中体連)と大塚オールスターズ(文京)、学童は不動パイレーツ(目黒)とレッドライオンズ(清瀬)が勝ち上がった。決勝は23日、都営駒沢球場で行われる。

 大塚オールスターズが都少年アンダーアーマートーナメント王者の府中タイガース(府中)に競り勝った。

 この日の朝には、立川ベースボールクラブ(立川)との打撃戦を制して初戦突破。一転、府中との準決勝は1点を争う展開となったが、1−1の6回裏に植田英備主将と古川豪洋の連続二塁打で勝ち越し、粘る府中を振り切った。

準決勝6回裏、左中間深くに決勝二塁打を放つ大塚オールスターズの古川

写真

 エース・大野翔太がケガで登板できない中、飯泉康介、小川颯大のふたりが力投。8月の東都少年大会以降は練習していなかったが、「試合の中で、徐々にチーム状態は良くなっています」と植田主将がうなずく。

 160センチ弱と小柄だが、パンチのある打撃が魅力の古川は、6回表の守備では守備範囲ギリギリの邪飛を倒れ込みながら好捕する、体を張った守備も。「ピンチが僕のミスからだったから、取り返したかった。二塁打は待っていたストレートが初球から甘く入ったので思い切り。良かったです」と笑顔で話した。 (鈴木秀樹)

強力打線が爆発

 上一色中

 上一色中はクロウズ(武蔵村山)を相手に打線が爆発した。8番・中江将梧が3打数3安打でチャンスメーク。3番・堀翔汰は2回裏に2点三塁打を放つと、4回には右中間深くにランニング本塁打、6回には左翼フェンスを越えネットに突き刺さる、低い弾道の柵越え2ランを放ちコールド試合を成立させた。

 「相手は駿台中に勝ったクロウズ。少しでも点を取りたいと、つなぐ意識で打った」と中江。2本塁打5打点の堀は「良い場面で、良い感じで打てました」とニコニコだった。

--------- 結 果 ----------

 ▽1回戦

大塚オールスターズ(文京)11−7 立川ベースボールクラブ(立川)

府中タイガースA(府中)6−3 板橋ベースボールクラブ(板橋)

 ▽準決勝

上一色中(中体連)10−2 クロウズ(武蔵村山)

大塚オールスターズ2−1府中タイガースA

 

この記事を印刷する

PR情報