東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > 学童野球 > 大好き!学童野球(チーム紹介)記事一覧 > 記事

ここから本文

【大好き!学童野球(チーム紹介)】

ホームライオンズ(狛江市) 実戦重ね息合ってきた

写真

 ことし、チームの指揮を執る谷田部弘幸監督(43)は自身もライオンズのOB。「自分の息子がいた、数年前にも監督をしたんですが、今回はそれ以来の『30番』です。人がいなくて…」と照れくさそうに話す。

 以前の監督経験は、ことしのチームづくりに生かされている。「基礎練習にこだわるあまり、実戦経験が追いつかなかったんです。実際の試合で、練習した動きができないことも多かった」。ことしは実戦形式の練習を多くこなし、対外試合も積極的に組んでいる。「試合を経験してこそ、つく力もありますしね」

 ことしは新六年生が6人、五年生が3人で、四年生もベンチ入りする。人数が少ないだけに、各自がそれぞれの役割をこなすことが重要になる。「幸い、走れる子は多い。走塁はカギになります」。練習と試合を重ね、徐々に選手同士の息も合ってきているという。

 先日終了した、多摩川親善大会新人戦ではベスト8入り。四月に開幕する春季大会に向け、調子は上向きだ。「狛江で勝って上部大会へ」の目標に向け、一丸で進む。

 部員 市立狛江第一小学校の児童約25人▼本拠地(練習場所) 狛江一小校庭、多摩川河川敷グラウンド

 

この記事を印刷する

PR情報







si/footer.ssi"-->