東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > 学童野球 > 大好き!学童野球(チーム紹介)記事一覧 > 記事

ここから本文

【大好き!学童野球(チーム紹介)】

新山クラウンス野球倶楽部(中野区) 伝統の打力重視 チームづくり

写真

 都知事杯学童フィールドフォーストーナメントの中野区大会で優勝し、都大会出場を決めた。

 決勝で破ったのは昨秋の新人戦王者、コンバッツ。「練習場所も同じ」というライバルは、石川徹監督(44)いわく、「とにかく、ことし区でナンバーワンの存在。新人戦では大敗していたんです」。それだけに、勝利の喜びもひとしおだ。

 自慢は破壊力のある打線。長身の主砲、佐々木正隆選手をあえて一番に置き、もう一人の大砲、石川煌大選手を三番、そして谷宮堅心主将を四番に据えた厚みのあるラインアップは「どこからでもチャンスを作り、得点できる」のが強み。練習から打力を重視したチームづくりは新山の伝統だ。「野球はやはり、打てると楽しいですからね」

 ことしはさらに日高新志選手と黒澤徹生選手による鉄壁の二遊間など、守備力も高い。「もとから力はある選手たち。六年生になり、精神面で強くなってきたと思います」。ただいま伸び盛り。ことしの目標「東京一」に向かい、都大会でも大暴れの予感だ。

創立 1975年▼部員 中野区立みなみの小、南台小、杉並区立方南小、大宮小、杉並和泉学園の児童約40人▼本拠地(練習場所) 南台小校庭

 

この記事を印刷する

PR情報







si/footer.ssi"-->