東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > 学童野球 > 大好き!学童野球(チーム紹介)記事一覧 > 記事

ここから本文

【大好き!学童野球(チーム紹介)】

中野セネタース(中野区) 区大会決勝、劇的な逆転サヨナラ

写真

 昨年に続き、4年生以下の低学年チームが23区大会に出場。中野代表を決める区大会決勝は、劇的な逆転サヨナラでの勝利だった。

 指揮を執るのは、チーム入団6年目で初めて監督番号「30」を背負う松下憲一監督(40)。「実は…」と、その試合での失敗を打ち明ける。「サヨナラ勝ちで、審判のコールがかかる前に、ぼくも選手と一緒になってベンチを飛び出し、喜んじゃったんです」。コール前はまだプレー続行中。ルールに厳格な学童野球では、ご法度の行為だったのだ。

 「怒られました。審判にも、チームの先輩にも」と頭をかく指揮官だが、その失敗談にも、選手らとともに戦う「熱さ」がにじむ。普段の指導や試合の采配でも、「低学年のうちは『待て』や『スクイズ』よりも、思い切りバットを振って、犠牲フライを打ってほしいですね」。

 入団時期も、野球の知識も、選手によりまちまちだが、「皆スケールの大きな選手に育ってほしい」。大舞台の戦いぶりに期待したい。

<創立>1973年

<部員>区立緑野小、新井小などの児童約50人

<本拠地(練習場所)>緑野小校庭など

 

この記事を印刷する

PR情報







si/footer.ssi"-->