東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > 学童野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【学童野球】

目黒区砧球場で熱戦スタート!

第7回城南CUP選抜少年野球大会、第4回城南ガールズCUP選抜野球大会

開会式で選手宣誓する不動パイレーツの神子主将(鈴木秀樹撮影)

写真

 第7回城南CUP選抜少年野球大会、第4回城南ガールズCUP選抜野球大会(城南信用金庫、目黒、品川、大田、世田谷各区軟式野球連盟主催)が7日、東京・大田スタジアムで開幕した。

 主催4区の新人戦上位16チームが城南CUPに、各区の女子チームが同ガールズCUPに出場。午後5時に始まった開会式では、出場選手らが同スタジアムで元気に入場行進を行い、大会会長の渡辺泰志・城南信金理事長が「ファインプレーだけではなく、チーム全員で力を合わせ、一生懸命に戦う姿が感動を呼びます。ことしもすばらしい試合を期待します」と選手らを激励。不動パイレーツ(目黒)・神子空飛主将が「これまで支えてくださった、たくさんの人への感謝を胸に、全力でプレーすることを誓います」と選手宣誓した。

 ことしは目黒連盟が大会主管にあたり、試合は翌8日から目黒区砧球技場でスタート。今月中に同球技場で3回戦までを終え、11月19日に駒沢軟式野球場で準決勝、12月3日に大田スタジアムで決勝を行う。ガールズCUPは11月19日と23日、いずれも駒沢軟式野球場で行われる。 (鈴木秀樹)

 

この記事を印刷する

PR情報







si/footer.ssi"-->