東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > 学童野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【学童野球】

都内32チーム、笑顔忘れず最後まで!

第22回都知事杯争奪少年軟式野球大会

はつらつとした選手宣誓を披露したWサンダースの本多超主将

写真

 第22回都知事杯争奪少年軟式野球大会(台東区教育委員会主催、区少年軟式野球連盟主管、東京新聞・東京中日スポーツ後援)が19日、同区の台東リバーサイドスポーツセンター少年野球場で開幕した。都内全域から学童野球32チームが参加。来月3日まで熱戦が繰り広げられる。

 区少年軟式野球連盟の稲垣一雄理事長が「寒い中の大会であるが、各地から素晴らしいチームが参加してくれています。いい試合を期待しています」と激励。Wサンダース(台東)の本多超主将が「最高の仲間たちとグランドで楽しさを表現し、残り少ない学童野球の締めくくりとして笑顔を忘れず、最後まで諦めずプレーします」と選手宣誓した。

 この日は同球場などで1回戦8試合が行われた。 (小原健一)

 ▽1回戦

Wサンダース14−1金森アームス

(台東) (町田) 

烏山ウイングス8−0水神ファイターズ

(世田谷) (品川) 

白山サンデーボーイズ8−0千駄ケ谷イーグルス

(文京) (渋谷) 

レッドシャークス5−0中野セネタース

(江戸川) (中野) 

小山ドラゴンズ13−0深川パイレーツ

(東久留米) (江東) 

八小少年隼7−0杉十ファイターズ

(府中) (杉並) 

若葉台フレンズ10−0狛江三小ウインズ

(稲城) (狛江) 

鶴巻ジャガーズ3−2ブラザースクラブ

(新宿) (荒川) 

 

この記事を印刷する

PR情報







si/footer.ssi"-->