東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > 学童野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【学童野球】

30チームが参加し熱戦スタート 荒川区春季少年野球大会

 荒川区春季少年野球大会(主催・荒川区少年野球連盟)が3月31日、同区の扇大橋野球場で開幕した。試合に先立ち、同大会に出場する30チームが参加し、開会式が行われた。

選手宣誓する荒川コンドル・渡辺さん

写真

開会式で整列した選手ら

写真

 荒川コンドルの渡辺さくらさんが選手宣誓を行い「この素晴らしい野球を支えてくれる監督、コーチ、保護者に感謝の気持ちを忘れずに、最後まで諦めず、プレーすることを誓います」と力強く誓った。

 大会には中学生の部、6チーム、小学生5、6年の部14チーム、4年以下の部10チームが参加し、トーナメント形式で競い合う。また、小学生5、6年の部に限り、投手の球数は「70球制限」が適用される。 (竹下陽二)

開会式の後には熱戦がスタート

写真
 

この記事を印刷する

PR情報







si/footer.ssi"-->