東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > 学童野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【学童野球】

ジュニアナインズ守り勝ち 江戸川区長杯学童軟式野球大会

 高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会の支部予選となる、江戸川区長杯同区学童軟式野球大会は4月29日、同区の北小岩少年野球場(市川橋下グラウンド)で決勝と3位2チームによる代表決定戦が行われ、昨年の全国ベスト8、ジュニアナインズが下鎌田イーグルスを下し優勝した。代表決定戦では、しらさぎがタイブレークの末に篠崎アトムズを下し、都大会への最後の一枠を勝ち取った。 (鈴木秀樹)

優勝したジュニアナインズ

写真

無失策でエース援護

 ▽決勝

下鎌田イーグルス

1010000―2

022000x―4

ジュニアナインズ

(下)鎌形晃暉−伊藤心

(ジ)針谷真稀−黒崎渉冴

【本塁打】鎌形(下)

 現時点での強さなら、昨年以上か。昨年、高円宮賜杯本大会でベスト8のジュニアナインズが、攻守にスキのない戦いで頂点に立った。

 初回、下鎌田に先制を許したものの、2回に1死一、三塁から相手守備の乱れで同点とすると、松島琉大君がスクイズを決め勝ち越し。3回に再び追いつかれたが、その裏には黒崎渉冴主将が決勝の勝ち越し2点打を放った。先発の針谷真稀君は初回に死球で出した走者を犠飛でかえされ、3回にも本塁打を浴びたが、以降も崩れることなく完投し「調子は良くなかったけど、みんなが守ってくれるから」と納得の表情だった。

 エースを助けたのは、無失策で守り切ったバックの守備。3回、針谷君は本塁打の前にも右前へのポテンヒットを許したが、右翼を守る水野柊君がこの当たりに飛び込むと見るや、二塁手の進藤天翔君が猛然と右翼にダッシュ。見事なバックアップで、打球後逸により二塁を狙った打者走者を補殺してみせた。

 本塁打の直後には、難しい当たりを岡部怜史君が難なくさばいて5−4−3の見事な併殺も。小野峰夫監督は「まあ全部、練習でやっていることだから」と涼しい顔で振り返ったが、「ただ、それを試合で出せるのは、やはり去年の自信なんじゃないかと思いますよ」。針谷君、岡部君、相澤宏輔君の昨年からのレギュラー組だけでなく、先輩たちの活躍を間近に見届けた後輩たちにとっても、全国ベスト8の勲章は大きな自信となって息づいている。

 「しっかり戦えました。都大会も勝って、ことしも全国へ」と黒崎主将。ことしも大舞台で大暴れの予感だ。

下鎌田5年ぶり都大会

準優勝の下鎌田イーグルス

写真

 準優勝の下鎌田も、堂々たる戦いで5年ぶりとなる都大会への切符を手にした。

 5年前に主将としてチームを引っ張った山内翔太投手は今春、千葉・習志野高の2年生左腕としてセンバツ甲子園を沸かせた。鎌形憲彦監督は「あのときはエースの山内が力でねじ伏せていた」と5年前を振り返り、「まだまだ、そこまでは」と現在のエース・鎌形晃暉投手を評したが、「ただ、ことしに入って大きくなり、球速は増していますね」。

 そして、先頭打者の鎌形君から山内大輝君、伊藤心主将、荒井太一君のクリーンアップへとつながる打線の迫力は都大会でも驚異となるはず。「またジュニアナインズと戦って、今度は倒したい」と意気込む伊藤主将、「次は打たれないよう、都大会までの間も練習します」と話す鎌形投手をはじめ、急成長中のナインは大舞台に向け、気合十分だ。

ラスト切符獲得 しらさぎ

決定戦を制し都大会出場を決めたしらさぎ

写真

 ▽代表決定戦

しらさぎ9−8篠崎アトムズ

 (タイブレーク7回)

 ○…都大会への残り一枚の切符を懸け争った代表決定戦は、時間切れとなった6回を同点で終える大接戦。無死満塁開始のタイブレークの末に、しらさぎが篠崎アトムズを下した。

 特別延長7回表、アトムズの攻撃を1点で抑えたしらさぎは、その裏、「ピッチャー返しを心掛けた」酒井七海さんが前進守備の相手内野手の頭を越える中前サヨナラ打。「都大会でも三振が取れるピッチングを」と酒井さん、「全国を狙います」と佐藤兜飛主将。都大会でも期待だ。

早坂君が特大弾 篠崎アトムズ

出場権を逃したものの、強力打線が目を引いた篠崎アトムズ

写真

 ○…敗れたものの、力強い打線が目を引いたアトムズ。大会5本で本塁打賞を獲得した早坂恭良君は、この日も隣の面を越えようかという推定飛距離約90メートルの特大弾など、左右へ2本塁打をかっ飛ばした。決定戦はオープン戦扱いで、この2本は記録に残らなかったが、早坂君は「今までで一番、よく飛びました」と納得の表情だった。

 

この記事を印刷する

PR情報







si/footer.ssi"-->