東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > 学童野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【学童野球】

リトルロジャース4年ぶり都大会 台東区学童野球都知事杯予選

 台東区少年軟式野球連盟主催の2019年スプリングトーナメント(東京中日スポーツ・東京新聞後援)は5月11日、東京都墨田区の都立東白髭公園少年野球場で決勝が行われ、リトルロジャースが上野クラブを破り優勝し、都知事杯都学童軟式野球大会(6月22日開幕・八王子)へ4年ぶりの出場を決めた。 (都丸満)

優勝したリトルロジャース

写真

初公式戦で好投

 3回表に先制されるも、直後には「試合になると打ってくれる」(宮本晋太郎主将)という大場颯也君が、2死三塁の場面で右前打を放ち同点に追いついたリトルロジャース。4回には1死満塁の好機に、7番の5年生・荻村亮汰君がバントをキッチリと決め、三走・山縣陽虎君が勝ち越しのホームを駆け抜けた。

決勝点のスクイズを決めるリトルロジャース・荻村君

写真

 投げては、元々打撃投手だったが、最近調子を上げてきているという米山岳玖君が公式戦初の先発マウンドに上がった。3回こそ被安打3にミスが重なり失点したが1失点。1、5回には出塁を許すも、盗塁刺と併殺で抑え、2、4回と最終6回では3者凡退に打ち取り、リードを守り切り大役を果たした。

 「ミスもあったけど、元気に精いっぱいプレーできた。うれしいです」と宮本主将。1点を争う展開に「気を抜かないように常に声を掛けていた」と五頭昌典監督。4回の無死満塁の場面では「2、3点取る流れだった。バッティングが厳しいね」とを振り返り、都大会では「まずは1つ勝てるように頑張ります」と語っていた。

 ▽決勝

上野クラブ

  001000|1

  00110x|2

リトルロジャース

 (6回時間切れ)

(上)小林輝来、小鯛樟−本田和隆、小林輝来

(リ)米山岳玖−宮本晋太郎

 

この記事を印刷する

PR情報







si/footer.ssi"-->