東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > 学童野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【学童野球】

コンバッツら8強出そろう 東京新聞杯都学童軟式野球新人戦

 小学5年生以下の学童野球新チームが東京一を競う、東京新聞杯争奪第37回東京都学童軟式野球大会新人戦(都軟式野球連盟、東京中日スポーツ・東京新聞など主催)は9月29日、板橋区の荒川戸田橋緑地野球場で3回戦8試合を行い、前年優勝の不動パイレーツ(目黒)、今夏の都知事杯王者・コンバッツ(中野)など8強が出そろった。5日には準々決勝が同野球場で、6日には準決勝と決勝が都営駒沢球場で行われる。

ベスト8進出を喜ぶコンバッツナイン

写真

 今夏、初の全国大会進出を果たしたコンバッツだが、新人戦でもその勢いは衰えない。名門・高島エイトを撃破してベスト8進出だ。

 シーソーゲームの展開で4−4の同点で迎えた4回裏、猛打が爆発だ。怒濤(どとう)の12人攻撃で一挙、8点。まずは、1死二、三塁で一番打者の後藤行平君が左越えの勝ち越し2点適時二塁打。続く中澤隼斗君が中前適時打。暴投で加点後、二、三塁で則竹日生さんが左越え適時二塁打でこの回、6点目。さらに、2点を追加し、勝利を決定づけた。

 1回戦は城南F・H・Eに9−8とヒヤヒヤ勝利だったものの、2回戦は久我山イーグルスに快勝、そして、高島エイトを退け、堂々のベスト8。右手首骨折のため欠場、ベンチからナインを鼓舞した竹鼻孝太朗主将は「エイトに勝って(ベスト)エイトですね」とオヤジギャグ(?)を一発。「シーソーゲームだったけど、最後は引き離すことができた。次からもしっかり、自分たちの野球をしていきたい」と力強くキッパリ。

 「全国大会に出場した6年生のチームは打撃でガンガンいくイメージがあったけど、新チームは5年生が4人、あとは、4年生という若いチーム。まとまりの全員野球で勝っていきたい」と竹鼻大貴監督。新生コンバッツがまた旋風を巻き起こすか。

レッドファイヤーズ サヨナラ勝ち!!

サヨナラ勝ちで8強入りを決めたレッドファイヤーズ

写真

 レッドファイヤーズ(足立)は好左腕・猪瀬健太郎君を擁する強敵・茗荷谷クラブA(文京)と大接戦。3点を追う5回裏に1点を返し、なお無死満塁から4番・島田爽介君の走者一掃二塁打で逆転すると、制限時間で最終回となった6回に再び逆転されたが、その裏に先頭の島田君が同点の本塁打を放つと、最後は押し出し死球でサヨナラ勝ちした。

 「みんな諦めてなかった。勝ててうれしいです」と中川陽輝主将。大活躍の島田君は「ここまで打ててなくて、監督から“アウトになって良いから思い切り行け”って言われたとおりに、思い切り打ちました」とニコニコだった。

山野が逆転勝利

2安打1本塁打と打撃で勝利を呼び込んだ山野レッドイーグルス・笹崎君

写真

 山野レッドイーグルス(世田谷)は南大沢オークス(八王子)に逆転勝ち。2−3の4回表には、2死満塁で相手主砲の古谷陽太君が打ち上げた大飛球を、隣の面に入り込むほど深く守ったレフト・立川成君が抑えて最大のピンチを守り切った。先発し、本塁打も放つなど投打で活躍の笹崎昌久君は「ホームランはつなぐ気持ちで、真ん中高めの球をうまく打てた。ピッチングはコントロールミスでホームランを打たれてしまったので、次は直したいです」と反省も忘れなかった。

打線爆発!!快勝 カバラホークス

 戸塚エコーチャイルド(新宿)との初戦を最終回3点ビハインドから8−7で逆転勝ち、2回戦は雷サンダース(江戸川)を相手に5−4と、厳しい戦いを連勝したカバラホークス(足立)。葛飾アニマルズ(葛飾)との下町対決となった3回戦では、これまでの鬱憤(うっぷん)を晴らすかのように強力打線が爆発した。1回に2番・田邉諒君が先制のソロ、2回に8番・三木海里君が2ラン、そして4回には3番・立石陽嵩君が2ランと、好機に本塁打が飛び出すなど12−2で大勝した。

4回裏1死二塁、左中間深くに本塁打を放つカバラホークス・立石君

写真

 小柄ながら左中間深くに本塁打を放つなど、攻守に活躍のスーパー4年生・三木君は「真ん中に来た球をうまく打てました」、待望の一発を放った主砲の立石君は「最高です!」と声を張り上げた。

快勝!!8強入り 深川G

ダイナミックな投球を見せる深川の古畑君

写真

 昨年12月に4年生以下のチームで競う初めての都大会「第1回東京都軟式野球マクドナルド・ジュニアチャンピオンシップ」の初代王者となった深川ジャイアンツ(江東)が練馬レッドサンズ(練馬)に快勝。盤石の強さで8強入り。1回表に1番打者の小島雄大君の右越え先頭打者本塁打で勢いづきペースをつかんだ。1回戦は18得点、2回戦も17得点と打線は強力だが、投げては、大会屈指の本格派古畑雄大君がいる。この日も投球制限のため4回途中降板も1失点と危なげない投球。小林勇人監督は「今日は投げてないけど、もうひとり右がいる。古畑と2本柱ですから」と自信を見せていた。

---------- 結 果 ----------

 ▽3回戦

山野レッドイーグルス(世田谷)6−3 南大沢オークス(八王子)

町田玉川(町田)10−4 高輪クラブ(港)

コンバッツ(中野)12−6 高島エイト(板橋)

カバラホークス(足立)12−2 葛飾アニマルズ(葛飾)

レッドファイヤーズ(足立)8−7茗荷谷クラブA(文京)

不動パイレーツ(目黒)6−4ひばりが丘ヤンキース(西東京)

給田(世田谷)9−2サンダーボーイズ(台東)

深川ジャイアンツA(江東)8−1練馬レッドサンズ(練馬) 

 

この記事を印刷する

PR情報







si/footer.ssi"-->