東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > 学童野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【学童野球】

旗の台クラブが4強 城南CUP 世田谷&品川コールド快勝 城南ガールズCUP

 品川、大田、世田谷、目黒各区の学童軟式野球新人戦上位チームが出場する第9回城南CUP(城南信用金庫主催、東京中日スポーツ・東京新聞後援)は9日、品川区の鮫洲運動公園で準々決勝の残り1試合を行い、大会4強が決定。翌10日には、しながわ区民公園少年野球場で第6回城南ガールズCUPも開幕した。(鈴木秀樹) 

 我慢比べ制す

 ◇城南CUP

 ▽準々決勝

旗の台クラブ6−5オール伊藤野球クラブ

4年生が投打で貢献

 両軍とも投手陣の調子が上がらず、四球から招くピンチが多い、我慢比べの一戦。戦いを終えたオール伊藤・細谷善弘監督が大きくため息をついた。「“小学生あるある”ですよね」。チームの活動は週末。前回の練習、試合から時間が空く土曜朝イチの試合は「本来の実力を出せないうちに終わりがち」なのだ。

 それでも、区新人戦の決勝と同カードの一戦。守備ではどちらも集中力を切らすことなく、1点を争う内容となった。

 勝利をつかんだのは「4年生が救ってくれた」と酒井達朗監督が振り返る旗の台。3番手でマウンドに上がり、粘り強い投球で試合を作った大矢球道君、2本の適時打と押し出し四球で3打点を挙げた9番打者の弓削宇汰君、ふたりの4年生選手が、投打で勝利に大きく貢献した。

 試合中盤は追いかける展開で、「一瞬、負けるかと…」と話した旗の台・仙波晴弥主将だったが、「でもみんな、あきらめずに声を出し続けたのが良かったです!」。打撃で活躍の弓削君は「きょうは相手ピッチャーのスピードが自分に合っていました。イメージ通りに打てました」と喜んでいた。

 

城南ガールズCUP開幕!!

 ◇城南ガールズCUP

 ▽1回戦

世田谷フラワーズ 15−2 目黒ブリーズ

品川レディース 19−3 大田フェアリーズ

 ガールズCUPは打線と投手陣の力強さが目を引く世田谷フラワーズと、スピードと堅守が光る前年優勝・品川レディースがともにコールドで勝ち上がった。

 世田谷は3回表に打者11人で8点を奪って主導権を握ると、6回表には森果凛さん、島田衣咲さんが三塁打、佐藤里菜さんも二塁打を放つなど、再び打者11人で7点。「みんなで声を出して、楽しく明るく戦えました」と大橋奈緒主将が言えば、捕手の武夏海さんは「3人のピッチャー(大橋主将、森さん、山口芽生さん)はみんな、捕っている手がビリビリするくらい、良い球が来てました!」と声を弾ませた。

 品川は初回に遠藤あすか主将が二塁打、浮ヶ谷千夏さんが本塁打を放つなど4得点。その後も毎回得点で大田フェアリーズを突き放すと、畠山史菜さん、相澤佳蓮さんの継投で大田打線を抑え大勝した。遠藤主将は「しっかり集中して戦うことができました」と、はきはきと話した。

 17日にはガールズCUPの決勝などが同区の天王洲公園野球場で行われる。

 

この記事を印刷する

PR情報







si/footer.ssi"-->