東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > リトルシニア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【リトルシニア】

東京神宮シニア、完勝で東東京制覇

関東連盟東東京支部秋季大会

完勝し頂点に立った東京神宮シニア

写真

 関東連盟各支部秋季大会決勝などが23、24日に各地で行われ、東東京では東京神宮シニアが練馬を破り優勝を決めた。西東京では甲府南が武蔵府中を、東関東では取手が千葉市を、南関東では秦野が静岡裾野を、北関東では浦和が上尾をそれぞれ破り頂点に立った。関東大会出場チームが続々と名乗りをあげる一方で、今夏の全国大会3位の江戸川中央、今春の関東大会準優勝の静岡蒲原などは関東大会への道を絶たれ、来春の全国選抜大会出場も絶望的となった。 (瀬川ふみ子)

 東京神宮打線が初回から爆発。先頭の井上が二塁打を放つと、白水、若狭、大湾の4連打で2点先制。なおも、6番・佐山の適時二塁打、続く中嶋、長瀬、佐藤とヒットが止まらず一挙6得点。2回にも若狭、佐山のヒットに敵失などで3点を加えると、4回には、若狭、大湾の連打などで2点。その後も、若狭のこの試合4安打目や佐山の適時二塁打で加点。最終回には、代打・小泉のヒット後、井上も、この試合4本目の安打でダメ押しの2点を追加して大量14得点。投げては、渡邊から稲葉、佐山とつなぎ練馬打線を2点に抑えて完勝。東東京支部32チームの頂点に立った。

 白水主将は「ここ数年は優勝できていないと聞いていたので、次の時代へつなげられるよう練習に励んできました。関東大会に向けては気持ちを切り替え、トップを目指して頑張りたいと思っています」と話し、今大会2本塁打など大活躍でMVPに輝いた若狭は「このチームは、ノリが良いのと、試合への気持ちの入り方がいいと思います。関東大会では、走者をかえすバッティングでチームに貢献したいと思います」と話した。

練馬シニアが躍進の準V

躍進を遂げ準優勝した練馬シニア

写真

 練馬は3回戦で東京北、準決勝では墨田と、強敵を破り決勝進出。決勝は大量失点を喫し、攻めては4回に江本が中堅に放った適時打による2点に終わったが、躍進の準優勝に輝いた。

 捕手・キャプテンとしてチームを引っ張り優秀選手賞も受賞した高橋春輝は「関東大会では練習通りの力を発揮し、来春の全国大会の切符を、また頂点を目指して頑張りたいと思います」と力強く話した。

 

この記事を印刷する

PR情報