東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > リトルシニア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【リトルシニア】

武蔵府中シニア、悔しさ晴らしつかんだ栄冠

2018年リトルシニア関東連盟西東京支部・東京中日スポーツ杯

優勝した武蔵府中シニア

写真

 2018年リトルシニア関東連盟西東京支部の東京中日スポーツ杯決勝戦が11月23日、東京都立川市の市営立川球場で行われ、武蔵府中が町田を下して優勝した。武蔵府中は同支部の秋季大会決勝で甲府南に苦杯を喫したが、東中杯でその悔しさを晴らした。 (瀬川ふみ子)

 10安打&完封

 武蔵府中は、渡邊、澤村、細谷が2安打、金谷、安藤、川島、宮川もヒットするなど2ケタ10安打。四球や敵失も絡めて計6得点。投げては安藤から今野へとつないで町田打線を完封。完勝で栄冠をつかんだ。

 MVPには、常に大きな声でチームを引っ張ってきた捕手の宮川主将。「『大きな大会で飲みこまれないように』ということを頭に入れ、常に緊張感を持って、相手に負けない声を出すなどして戦ってきました。1年生大会でも、秋季西東京大会でも優勝できなかったのですが、この大会で一つの目標をクリアできてうれしいです」。投打に活躍した安藤は「大会を通じて、自分の持ち味のストレートで勝負するようにしてきました。この優勝をステップに、春に向けて、投球のレベルアップをしていきたい」。

 今野投手も「球を低めに集めることを意識する中で、低めの球で空振りが取れるようになった。でもまだ初球の入り方が甘いので、無駄なボールをなくせるよう練習していきたいです」と来年の大会に目を向けていた。

 ▽準決勝

武蔵府中17−1調布

町田13−8富士河口湖

 ▽決勝

武蔵府中

1002102|6

0000000|0

町田

(武)安藤、今野−宮川

(町)森川−立山

町田準優勝

「自信につなげる!!」

準優勝の町田シニア

写真

 準決勝の富士河口湖戦は大量13得点で勝利した町田だが、決勝では打線が沈黙。悔しい完封負けを喫し準優勝となった。

 立山主将は「優勝はできませんでしたが、決勝までこれて良かったです。この大会では、先制点を取られても、諦めずにチャンスを生かして、逆転勝ちをする試合が増えました。簡単に先制点を取られないこと、エラーをなくして守備で試合の流れを作ることを課題に冬に練習を積んで、来夏の全国大会に出場したい」。またエース・森川は「エースとしても、クリーンアップを任されているバッターとしても、まだまだチームを引っ張れなかった。でも、決勝まで勝ち進めたことを自信につなげて、冬の間、一生懸命に練習をして、春の大会に臨みたい」と話した。

 

この記事を印刷する

PR情報