東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > その他のスポーツ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【その他のスポーツ】

男子・野間会A、女子周南剣道スポ少が頂点 君津地方小学生剣道大会

 第37回君津地方小学生剣道大会(君津木更津剣道連盟主催、東京中日スポーツ・東京新聞後援)が10日、富津市新富の市総合社会体育館で開かれた。

 大会には、同連盟に所属する男子23、女子9の計32チームが参加。男子は5人制(女子の参加可)、女子は3人制の団体戦で争われ、予選リーグと決勝トーナメントで競った。

 男子の部は、野間会A(鈴木大雅、真保賢太、濱口虹日朗、織本修、鹿島快斗)が5年ぶりの優勝。女子の部は、周南剣道スポーツ少年団(永井心寧、濱口直子、堺日鞠)が昨年準優勝の雪辱を果たし頂点に立った。

 野間会Aの鹿島主将は「チームが一丸となって勝てた。他の大会でも上位を目指す」と語り、周南の堺主将は「昨年決勝で負けた悔しさを胸に刻み、今年は勝つぞと思っていました」と話した。 (中谷謙二)

男女各部優勝チームの選手ら

写真

成績

 ▽男子の部(1)野間会A(2)周南剣道スポーツ少年団A(3)佐貫清心会A、佐貫清心会B

 ▽女子の部(1)周南剣道スポーツ少年団(2)野間会(3)北子安A、練心会

 

この記事を印刷する

PR情報







si/footer.ssi"-->