東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > サッカー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【サッカー】

東京ヴェルディJr. 完封V JFA第43回全日本U−12サッカー選手権東京都大会

連覇

 今月26日に鹿児島県で開幕する「JFA第43回全日本U−12サッカー選手権大会」(日本サッカー協会など主催)への出場を懸けた東京都中央大会は11月24日、町田市立陸上競技場で決勝などが行われ、東京ヴェルディJr.が三菱養和SC巣鴨Jr.を破り、2年連続で都代表の座を獲得した。3位は、JACPA東京FCだった。 (都丸満)

--------------------------------

 ▽準決勝

三菱養和SC巣鴨 2−1 インテルアカデミー

東京ヴェルディ 1−0 JACPA東京FC

 ▽3位決定戦

JACPA東京FC 2−2 インテルアカデミー

       (PK3−1)

 ▽決勝

東京ヴェルディJr. 4(3−0)0三菱養和SC巣鴨

          (1−0)  

【得点者】坂井倖大、佐伯凌世2、草間信(東)

-------------------------------

波に乗ったPK

2連覇を果たし全国大会出場を組めた東京ヴェルディJr.

写真

 坂井倖大主将ら故障者が戻り、調子を上げてきているヴェルディJr.が、巣鴨Jr.を破り2連覇を達成した。

 「僅差で勝ち上がってきたので楽な試合は無かった」と松尾洋監督。特にJACPA戦は、「いつもTリーグとかで当たっている強い相手。そこが山だった」と1点を守り切った準決勝を振り返る。

 決勝では前半8分にPKを獲得、「決めれば波に乗れると思った」という坂井主将が右端に決め先制。直後の同9分には、右サイドから中山太輝君が上げたクロスを佐伯凌世君が「練習はしていたけど、試合で初めて決まったかも」というヘッドで合わせ2点目。さらに同13分には、左サイドの角度の無い所から佐伯君がネットを揺らし突き放した。後半17分にも草間信君がダメ押しの4点目を決め、初戦以来の4得点を奪った。守備では、GK山崎琉聖君らが堅い守りをみせ、巣鴨の攻撃をしのぎ切り、4戦連続の完封劇。大会全6試合でも2失点と圧勝し頂点に立った。

前半9分、山中君のクロスをヘッドで決め喜ぶ佐伯君(左)

写真

決勝でゴールを守り切ったヴェルディのGK山崎君(中)

写真

 坂井主将は「とてもうれしい。今までやってきたことを全部出し切れた」と声を弾ませ、「(決まったのは)たまたまだった」と自身2点目を振り返った佐伯君。松尾監督は「勝てて良かった。1年の最後の集大成として、結果が残せて良かった」と連覇をかみ締めていた。

 昨年、ベスト8で終えた全国大会に向け指揮官は「今回はそれより上、ベスト4を目指して頑張りたい。相手より、うちがやることをやるだけ」とキッパリ。だが、選手たちは「調子がいいから優勝を狙います」と声をそろえ力強く誓った。

【優秀選手】

 ▽東京ヴェルディJr. 山崎琉聖、佐伯 凌世、坂井倖大、山田空羽斗、今井 宏亮、舛舘環汰

 ▽三菱養和SC巣鴨Jr. 畠山晃、千本 木亮磨、東理央、星野優太

 ▽JACPA東京FC 菅原悠太、藤井漣祐、加藤陽也

 ▽インテルアカデミージャパン 高橋佳汰、中川希汐、田島遼太郎

 ▽FCトリプレッタ渋谷Jr. 先久晴彬

 ▽FC多摩Jr. 丸田楽空

 ▽FC COLORS 福島朋香

 ▽FC TRIANELLO Machida 倉持譲太郎

準優勝の三菱養和SC巣鴨Jr.

写真

3位のJACPA東京FC

写真

4位のインテルアカデミージャパン

写真
 

この記事を印刷する

PR情報