東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

空自2機が空中接触 長崎近海 尾翼など破損し帰還

写真

 二日午後三時五十五分ごろ、航空自衛隊築城(ついき)基地(福岡県築上(ちくじょう)町など)に所属するF2戦闘機二機が基地から西約二百キロ離れた長崎県付近の洋上で接触した。二機は飛行を続け自力で帰還した。それぞれ男性パイロットが一人乗っていたが、けがはない。

 垂直尾翼などが損傷しており、大きな事故につながる危険性もあった。

 空自などによると、二機は同二時五十五分ごろ基地を離陸し、他の二機と計四機で戦闘訓練を実施。訓練を終え、落下物がないか近づいて互いの機体を目視で確認する作業をしていた際、機体後部にある垂直尾翼の一部と、左主翼下のミサイル発射装置の一部が接触した。

 二機は接触部分が損傷したほか、ミサイル発射装置が損傷した一機は燃料タンクにも擦り傷が確認された。この機体にミサイルは搭載されていなかった。

 飛行に問題ないことを確認し、同四時二十分ごろに一機が、同四時半ごろにもう一機が基地に着陸した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報