東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

石垣、見直される価値 天守なくても 城跡へファン続々

観光地として人気を集める岩村城跡の石垣=岐阜県恵那市岩村町で

写真

 城の天守を支える石垣の価値を見直す動きが広がっている。石垣が残るだけになっている城跡にも、歴史好きの女子「歴女」らの人波が途切れない。一方で明治期以降、石垣を補修する職人は減少。各地の石垣は手入れが行き届かず、災害で崩落する事例が相次ぐ。国は石垣の保存技術を「匠(たくみ)の技」に認定し、保全を後押ししている。 (垣見洋樹、谷悠己)

 秋が深まった十月下旬の平日、数十人が黙々と石段を登っていた。織田信長の叔母が実権を握った「女城主の里」としてPRする岐阜県恵那市の岩村城跡。櫓(やぐら)などは明治期に取り壊され、今はこけむした石垣の上でススキが風に揺らぐ。茶屋もない寂れた場所だが、人気が高まっている。

 「こんなにすごい石垣をどうやって山の上に造ったのか、どういう暮らしがあったのか。想像するのが楽しい」。岐阜市から訪れた萩野文穂さん(44)は興味深そうに眺めて回った。

 NHK連続テレビ小説で城下町がロケ地になった効果もあり、旅行サイト「トリップアドバイザー」が発表した今年の「旅好きが選ぶ!日本の城」で名古屋城や彦根城を上回る十位に食い込んだ。ふもとの歴史資料館で働く佐々木康夫さん(78)は「終戦後は草だらけで誰も興味を持っていなかった。こんなに人気が出るとは」と驚きを隠さない。

 城跡人気の先駆けは、天空の城で知られる兵庫県の竹田城跡だ。CMなどの露出効果で来場者は二〇〇五年度の三万三千人から、一七年度は二十二万四千人へと膨らんだ。石田三成の居城だった滋賀県彦根市の佐和山城跡は数個の石が残るのみだが、三成をしのぶ歴史ファンが続々と訪れる。

 城郭考古学者の千田嘉博さん(55)は「史実に忠実でない天守や建物があるより、当時の雰囲気が感じられていいと気付く人が増えてきた」とみる。

 しかし、全国の石垣には危機が迫る。明治期以降、石垣を補修する職人、石工(いしく)が減り、保守管理が不備でもろくなった。近年、熊本城は地震、丸亀城(香川県)は豪雨で石垣の一部が崩落。対策は急務だ。

 文化庁は〇九年、石垣に関する技術を「選定保存技術」に認定。一五年には「石垣整備のてびき」を作成し、石工の養成支援に力を入れる。崩落前の石垣の写真をコンピューター解析し、石をミリ単位の誤差で以前の場所へ戻すなど、最新技術も導入されている。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報