東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

米艦載機、那覇沖に墜落 FA18 乗員2人は緊急脱出

写真

 十二日午前十一時四十五分ごろ、那覇市の東南東約二百九十キロの海上で米原子力空母ロナルド・レーガン艦載機のFA18戦闘攻撃機一機が墜落した。防衛省が明らかにした。操縦士と副操縦士の計二人が緊急脱出し、午後零時十分ごろ、空母艦載ヘリコプターに救助された。いずれも命に別条はないとしている。同省は米側に対し、安全管理や再発防止の徹底を申し入れた。

 防衛省などによると、米側はエンジントラブルがあったと説明。周辺で民間船の被害や油の流出は確認されていない。

 岩屋毅防衛相は十二日夕、省内で記者団に「米軍機の事故は周辺地域に大きな不安を与える。あってはならないことで、引き続き米側に安全管理の徹底を強く求めていきたい」と述べた。菅義偉官房長官も記者会見で同様の考えを示した。

 沖縄県の玉城デニー知事は十二日「一歩間違えば漁船など民間船舶への被害につながりかねず、県民に不安を与えるもので甚だ遺憾だ」と述べ、事故原因の公表や再発防止措置を含む安全管理の徹底などを求めた。訪問先の米ニューヨークで記者団の質問に答えた。

 ロナルド・レーガンは十月二十九日から十一月八日にかけて実施された日米共同統合演習「キーン・ソード」に参加していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報