東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

鹿児島の老人施設で6人相次ぎ死亡 全介護職員退職 夜間、1人で対応

入居者6人が相次いで死亡していたことが分かった住宅型有料老人ホーム「風の舞」=21日午後、鹿児島県鹿屋市で

写真

 鹿児島県鹿屋市の住宅型有料老人ホーム「風の舞」で、十月から十一月半ばにかけて入居者六人が相次いで死亡していたことが二十一日、分かった。八〜九月に介護職員八人全員が退職し、夜間は施設長がほぼ一人で対応していたという。県は施設の運営に問題がなかったかどうか、老人福祉法に基づき立ち入り検査した。施設側は県に対し、六人はいずれも病状が重く、病死だったと説明した。

 県によると、今月上旬に外部から「施設内で死亡者が出た」との内容の情報提供があった。

 情報を受けて九日に施設の聞き取り調査を、十六日に立ち入り検査をそれぞれ実施した。県は、死亡した日時や詳しい状況、入居者数などを明らかにしていない。

 施設の定員は五十五人。県の立ち入り検査に同行した市によると、他に緊急性のある入居者はいなかったという。県は検査内容を精査し、業務改善勧告などを検討するとしている。立ち入り検査の十六日までに、介護職員は補充されていなかった。

 厚生労働省によると、住宅型有料老人ホームは介護職員の配置基準に法律上の定めがないが、指針では夜間の介護や緊急時の対応などで職員を配置するよう示しており、県も同様の指針を示している。

 施設が県に提出した資料では、七月一日時点で約四十人が入居し、うち八十五歳以上が過半数を占めている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報