東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

千葉切断遺体、長男を逮捕 死体損壊・遺棄容疑 認める

送検のため、車両に乗り込む山田基裕容疑者(中)=24日、千葉県東金市の東金署で

写真
写真

 千葉県の九十九里浜周辺の海岸や河口などで九〜十月、同県八街(やちまた)市八街の無職山田容子さん(75)の遺体の一部が相次いで見つかった事件で、県警は二十三日、山田さんの遺体を遺棄したとして、死体損壊・遺棄の疑いで、同居していた長男の自称会社員、基裕(もとひろ)容疑者(37)を逮捕し、二十四日に千葉地検に送検した。県警によると、大筋で容疑を認めている。

 県警は、山田さんが死亡した経緯についても何らかの事情を知っているとみて追及する。

 逮捕容疑では、九月二十六〜二十七日、八街市の自宅で、山田さんの遺体の頭部などを刃物で切断し、同県大網白里市やその周辺に遺棄したとされる。基裕容疑者は、山田さんと二人暮らしだった。

 山田さんの遺体は、胴体が九月二十九日に大網白里市の河口で見つかり、十月八日までに、隣接する九十九里町、白子町の計三カ所の海岸や漁港で、頭部と両脚が見つかった。いずれも刃物で切断されていた。

 県警によると、歯の治療痕やDNA型鑑定などから、遺体を山田さんと特定。捜査関係者によると、基裕容疑者が警察に、山田さんの行方不明届を出していなかったことなどから、経緯を知っている疑いがあるとみて、十一月中旬から任意で事情を聴いていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報