東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

原宿暴走 車内に発動発電機 走行中、灯油噴射計画か

 一日未明に東京・原宿の竹下通りで軽乗用車を暴走させ、歩行者の男性八人をはねた事件で、殺人未遂容疑で逮捕された日下部和博容疑者(21)が車に発動発電機を載せていたことが、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、車の中には灯油の入った百リットル用のポリタンクと高圧洗浄機のほか、発動発電機もあった。発動発電機は高圧洗浄機とつながっており、うまく作動すれば、水を数十メートル先まで噴射できる威力があったという。

 警視庁捜査一課は、渋谷区の明治神宮に集まったたくさんの人たちを狙い、車を走らせながら高圧洗浄機で灯油を噴射しようとしたとみて調べている。

 高圧洗浄機の先端には着火装置が取り付けられており、日下部容疑者は火炎放射器のようにして使おうと考えたとみられる。

 日下部容疑者は大阪府内で百リットル近い灯油を購入し、十二月三十一日昼に上京。明治神宮近くの路上に止めた車内から、高圧洗浄機で灯油を噴射する実験をしたと説明している。

 しかし、発動発電機がうまく起動しなかったとみられ、高圧洗浄機で灯油を吸い上げられなかった。このため、計画を変更し一日午前零時すぎ、明治神宮近くの竹下通りで車を暴走させたと、一課はみている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報