東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

10歳 囲碁プロ誕生へ 仲邑さん 4月、最年少棋士

写真

 囲碁の日本棋院は五日、小学四年生の少女、仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9つ)が史上最年少でプロ棋士の初段になると発表した。四月一日付のプロ入り時は十歳零カ月で、藤沢里菜女流本因坊(20)の十一歳六カ月を九年ぶりに更新する。

 中国、韓国が席巻する国際棋戦で活躍できるプロ棋士養成のため、日本棋院が新設した「英才特別採用推薦棋士」に選抜された。

 菫さんは東京都で生まれ、現在、大阪市内の小学校に通っている。父はプロ棋士の仲邑信也九段(45)。三歳で囲碁を始め、小学二年で少年少女の全国大会に出場するなど活躍した。最近は韓国で腕を磨いていた。

 採用試験では、日本のナショナルチームコーチも務める張栩(ちょうう)名人(38)と対局し、井山裕太天元(29)を含む七大タイトル保持者らが内容などを審査、全員の賛成が得られ採用が決まった。極めて異例のケースといえる。

 主要な棋士では趙治勲(ちょうちくん)名誉名人(62)が十一歳九カ月で、井山天元は十二歳十カ月でプロ棋士となった。将棋は四段以上がプロで制度が異なるが、最年少記録は藤井聡太七段(16)の十四歳二カ月。

 日本棋院には約三百四十人のプロが所属している。菫さんは日本棋院の関西総本部に所属する予定。

 菫さんは六日、大阪府東大阪市のイベントで井山天元と対局する。

◆日本棋院 中韓対抗へ早期育成

 仲邑菫さんが最年少でプロ入りを決めた。日本勢の苦戦が続く世界戦での活躍も見据えた、異例の早さで、低年齢化が進む囲碁界の象徴ともいえる。

 中国の柯潔(かけつ)九段は二十一歳、韓国の朴廷桓(パクジョンファン)九段は二十五歳で、数年前からトップに君臨している。昨年、国際棋戦のLG杯で井山裕太天元の優勝を阻んだ謝爾豪(しゃじごう)九段(中国)は二十歳。女流のトップクラスも二十代前半が中心だ。若い強豪がひしめく世界戦で台頭するには、早くからプロの舞台で腕を磨く必要がある。

 現在、中韓を追いかける立場の日本。最近はプロ入り前に韓国の道場で修業する例も多く、菫さんもその一人だ。四月からはプロ棋士の初段として厳しい世界に身を投じることとなる。

 日本棋院副理事長の小林覚九段は「囲碁界は世界にだいぶ後れを取っている。菫さんは、その状態を打開する期待に応える可能性が非常に高い」と話している。

<プロ棋士への道> 囲碁は日本棋院、関西棋院の2団体があり、それぞれが独自にプロ棋士を採用している。基本的には各棋院の養成機関に所属する「院生」になり、その成績上位者がプロとなる。女性だけの特別採用枠もある。今回の「英才特別採用推薦棋士」は採用目的に世界戦での優勝を掲げた。プロ棋士2人以上の推薦で候補者となる。プロ入りには七大タイトル保持者らが実績と将来性を評価し合格の可否を決める。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報