東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「フレディ聖地」足利に 栗田美術館にファン続々

美術館内にある歴史館の前で記念撮影するフレディさん(右から2人目)と案内役を務めた当時の館長、栗田英男さん(左)=栃木県足利市で(栗田美術館提供)

写真

 伊万里焼などを収蔵する陶磁器専門の「栗田美術館」(栃木県足利市)に、音楽ファンが詰め掛けている。英ロックバンド「クイーン」のボーカルで、日本文化を愛した故フレディ・マーキュリーさん(1946〜91年)が生前、お忍びで来館していたためだ。フレディさんを描いた映画は世界的なヒットを続けており、その足跡が残る「聖地」として注目が集まっている。 (梅村武史)

 クイーンは七五年の初来日以来、たびたび日本公演を重ねている。親日家のグループとして知られ、とりわけフレディさんは日本の古美術を好んだ。

 栗田俊英館長(58)によると、フレディさんは八六年九月、お忍びで来日し、少数の知人と同館を訪問した。プライベートな訪問のため情報は伏せられ、二十五歳で一職員だった栗田さんも知らされていなかった。フレディさんに接した館の関係者はもう残っていないという。

 案内役を務めたのは父親で先代館長の故・英男さん。

フレディさんの来館について語る栗田俊英館長

写真

 後日、英男さんから聞いた話では、フレディさんは陶磁器への造詣が深く、カメラ片手に館内を楽しそうに見て回ったという。収蔵品の購入を希望し、英男さんが丁重に断ったというエピソードも。収蔵品の目録をプレゼントすると大喜びし、絵はがきなどのお土産を買って帰ったという。

 五年後、フレディさんはエイズの合併症で亡くなったため、これが最後の来日となった。

 移民の一家で育ち、性的少数者でもあったフレディさん。その壮絶な半生を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」のヒットをきっかけに昨年末、フレディさんの八六年の来館がテレビ番組で取り上げられ、インターネットで話題に。ファンらが「聖地巡礼」として訪れるようになったという。

 栗田さんは「これまであまり見掛けなかった若者世代の来館者が増え、来館者数も一・五倍になった」と驚く。「私もクイーン世代。伝説のロックスターに来館していただいたことは大変うれしい出来事」と話した。

 同館では今年に入り、フレディさん訪問時のスナップ写真を大きく引き伸ばし、撮影場所に並べて飾るなど来館者を喜ばせるサービスも始めた。

 栗田さんは「映画のおかげで焼き物を知らない人が足を運んでくれている。陶磁器に触れ、その魅力を知るきっかけになるとうれしい」と話している。

 問い合わせは同館=電0284(91)1026=へ。

<クイーン> 1973年にアルバム「戦慄(せんりつ)の王女」でデビューした英国のロックバンド。76年に全英チャートで9週連続トップとなった「ボヘミアン・ラプソディ」や「伝説のチャンピオン」など多数のヒット曲で知られる。91年、リードボーカルのフレディ・マーキュリーさんがエイズ(後天性免疫不全症候群)で死去。ギタリストのブライアン・メイさんは、沖縄県名護市辺野古の新基地の工事を止めるため先月8日に始まった署名に賛同している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報