東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

東海村・核燃料施設 放射性物質漏えい 作業9人被ばくなし

 日本原子力研究開発機構(原子力機構)は三十日、茨城県東海村の核燃料サイクル工学研究所にある施設の一室で、放射性物質が漏えいするトラブルがあったと発表した。敷地外への漏えいは確認されず、室内にいた十九歳から五十代までの請負会社の男性九人も内部被ばくはなかった。

 原子力機構によると、漏えいは三十日午後二時二十四分ごろ、プルトニウム燃料第二開発室の粉末調整室で発生。作業員が「グローブボックス」と呼ばれる密閉状態の作業台で、核燃料物質の貯蔵容器を覆うビニールバッグを交換していたところ、放射性物質濃度を測る装置の警報が鳴ったという。

 九人は作業を中断して隣の部屋へ退避し、現場は立ち入り禁止にした。貯蔵容器にはプルトニウムやウランが入っていた可能性がある。九人は防護服や半面マスクを身に着けていた。原因は調査中という。 (越田普之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報