東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

高速道 時速120キロ試行 3月から 東北道・新東名2区間

写真

 警察庁は三十日、二〇一七年から試験的に最高速度を百キロから百十キロに引き上げている東北自動車道と新東名高速道路の二区間について、三月一日午前十時から、さらに百二十キロに引き上げると発表した。実勢速度と規制速度の差を埋め交通の効率化を図るのが狙い。一年間は試行し、最高速度百二十キロの継続と他の路線や区間でも引き上げが可能か検討する。警察庁と岩手、静岡の両県公安委員会は百十キロ試行開始後一年間の事故発生状況や実勢速度などを調べ、一定の安全レベルを確保できたという。

 引き上げは専門家や関係省庁幹部らの研究委員会の提言を受けた措置で、一七年の試行により初めて国内の高速道で最高速度が百キロ超となった。トラックなど大型貨物車は対象外で八十キロ規制のまま。

 二区間は新東名高速道路の新静岡インターチェンジ(IC)−森掛川ICの約五十キロと東北自動車道の花巻南IC−盛岡南ICの約二十七キロ。それぞれ一七年の十一月と十二月に百十キロ試行を開始した。警察庁によると、渋滞時などを除いた条件下で百十キロの試行開始前後の一年間を比較。開始前の新東名上下線で百二十キロ台前半、東北道で百十キロ台前半だった実勢速度は、開始後一・三キロ減〜一・五キロ増とほぼ変わらなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報